サラリーマンのネタ帳

*

京急線で羽田空港に行く「乗車位置」を解説!JALとANAで別車両

      2016/12/07

20131113-073808.jpg

羽田空港へのアクセスに京急線を使う方も多いと思います。

その京急線。JALとANAでは乗車位置(車両)によって、ターミナルへの距離が大きく異なるのはご存知でしょうか?

 

結論から言うと、ANAは先頭車両、JALは最後尾の車両に乗ると最短でターミナルまで到着します。

【羽田空港第1ビル編】東京モノレールの乗車位置はここだ!

 

ただ、その際に気をつけるべきことが2つあるので注意しましょう。

早速、解説しますね。

 

スポンサードリンク

 

1つ目:JALは最後尾、ANAは先頭車両に乗る!

羽田空港の国内線ターミナルを使う場合、京急線ではJALは最後尾、ANAは先頭車両に乗りましょう。

国内線ターミナル駅の両端がJALとANAに続く改札で、JALは一番後ろ端の改札、ANAは先頭の改札なんです。


20131113-073841.jpg

って偉そうに書くことじゃないですが、逆に乗ってしまうと思った以上にホームを歩くことになります。

しかも、だいたい飛行機使う時って大荷物だったりするじゃないですか。

なので大変なんですよね。

 

2つ目:横浜・川崎方面からは注意!!

20131113-073853.jpg

でも、ただ何も考えずに先頭車両や最後尾に乗り込めばいいのではありません。

横浜・川崎方面から乗る場合は「注意」が必要です。

 

なぜなら京急蒲田駅でスイッチバック(逆方向に走る)するからです。

最後尾に乗ったと思っても、京急蒲田で先頭車両になってしまうのです。

 

なので、その場合は逆に考えて乗車位置を決定しましょう。

 

ちょっとしたことですけど、これ一つ覚えているだけで出発までのスムーズさが全く異なってきますよ。

ぜひ、お試し下さい!!

 - 飛行機

336

336

  関連記事