簡単!!5分で完了する「キーレスエントリー」の修理方法。

先日、キーレスエントリーを自分で修理してみました。

車種はホンダのエアウェイブです。

 

今まで届いてた距離でも「強め」に押さないとキーレスが効かない。

そんな経験はないでしょうか?

 

うちも今の車を買って5年。最近、キーレスエントリーの効きがすこぶる悪くなってきました。

全く効かない!というわけではないんですよね。3回に1回程度しか反応しない感じですかね。。

 

まぁ5年も経過しているので電池も消耗しているんでしょう。こればっかりは仕方ありません。

さすがに普通に鍵で開けるのもめんどくさいし、ましてや荷物を持っていたら不便ですよね!?

 

修理する(電池交換)しかないのは分かっています。ただ、それも時間とお金がかかってイマイチ腰が重い自分がいました。

ディーラーやカーショップにいくのもなにかと面倒くさい。ちょっと自分でやってみるか!?とググッてみたらできそうじゃないですか!

 

でも、結構大変なんでしょう!?

 

と思われたあなた!安心してください。

あなたが思っているほど、キーレスエントリーの修理は大変ではありませんよ。むしろ簡単すぎました。

 

なんとなく「車の鍵」というだけでハードルを上げていないでしょうか!?

実は「ドライバー」と「ボタン電池」さえ用意できれば誰でも簡単に修理(電池交換)が可能なんです。

 

なんたって日曜大工さえままならない私ができたんですから、あなたにもできますよ!

 

 

キーレスエントリー修理費用(目安)

ディーラーやカーショップで修理したら幾ら掛かるのか?

ググッてみると数千円からキーによっては一万円以上かかる場合もあるようですね!

状況によったら新品で購入したほうが安いとか。。。

 

しかし、今回準備するものは冒頭で書いたようにドライバーとボタン電池のみです。

両方合わせても数百円といったところでしょう。

 

当然、自分の手を動かす手間は掛かりますが、数千円を節約できると考えれば挑戦する価値は十分にあります。

挑戦ってほど高度なテクニックは必要としませんけどね。。

 

ではやってみましょう!

 

修理工具・ボタン電池を買ってやってみる

早速、工具を揃えやってみました。実際、ほんとうに挑戦というほどの作業ではありませんでした。

工具は100均で買った3ミリ直径のドライバーセット。(写真はセットのうちの一本。)

電池はボタン型電池(CR1220)。ノジマ電気で240円でしたよ。

 

※電池の型番は各メーカーのホームページから簡単に調べられます。

 今回、近くの100均には同じ型番のボタン電池はありませんでしたが、運が良ければ100均にもあるかもしれません。

 

開けるとこんな感じ。

若干ホコリなどの汚れがあるものの、構造は簡単です。

この際、軽くホコリなどは除いておきましょうね。

 

電池の交換も余裕。手の油が付かないよう慎重に。

 

後は戻して完成です。

 

総額345円。(ドライバー105円+電池240円)

ほんとここまで長々と書く必要もないほど「安く簡単」に交換できましたよ!

 

修理時間も5分足らずと、ドライバーさえ使えれば誰でもできる簡単な作業です。

ディーラーに持ち込む時間と修理費用を考えると馬鹿らしくなるほど、カンタン!

 

知らないことに挑戦するのは面倒なこともありますが、最近は本当に便利な時代ですね。

Google検索すれば大抵のことは自分で解決できますし、誰かがその手順を示してくれています。

 

どんなことでもまず調べてやってみる。それでも難しそうならプロに頼む。

そうやって知識と経験を積み、お金は節約していくべきだと感じました。

 

ぜひあなたも簡単にキーレスエントリーを交換してみてくださいね!

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

簡単!!車検費用の比較は「カーセンサー」がおすすめ!!

チューリッヒの「自動継続特約」を簡単に解約する方法。

中古車一括買取査定

かんたん!楽天「中古車一括査定」サービスが便利!デメリットも1つ

battery

焦る!復帰まで2時間!初めてのバッテリー上がりで取った行動とは?

エアウェイブ車検費用

実際の費用公開!新車9年目ホンダエアウェイブの車検費用はこれだ!

注意!自動車税をクレジット払いすると納税証明書が発行されない。