【エックスサーバー】動作確認URLのエラーはこれで解消

xserver先日、さくらレンタルサーバーからエックスサーバー へブログを移転した。

 

手順も最終段階に入り、動作確認URLからデータを確認するのだが、

「このWEBスペースへは、まだホームページがアップロードされていません。」というエラーが何度やっても表示されるのだ。

 

エラーが出そうな項目は何度もチェックした。だが、それでも状況は全く良くならないのだ。ただ時間だけ過ぎていき、気付いたら半日も経っていた。

何か大きな原因があるのか?もう半ば諦め気味だったそのとき。状況が好転したのだ。

 

実のところ原因は単純だったのだ。

同じような境遇にいるあなた。最後に下記2つををチェックしてみて欲しい。

私もこれで解決できたし、単純過ぎて自分が嫌になったくらいだ。

 

エックスサーバーに移転して動作確認URLで躓いているあなた。是非試して欲しい。

それでは早速行ってみよう。

 

 

①indexファイルが複数ないかチェック?

index

 

データを「public_html」直下に置いていると思うが、フォルダ内にindexファイルが複数存在していないだろうか?

わたしの場合、「index.php」「index.html」2つのファイルが存在していた。複数存在している場合「index.html」を削除してみて欲しい。

 

②ブラウザのキャッシュを削除してみる。

それでも状況が好転しない場合は、ブラウザのキャッシュを削除してみるのだ。

実際わたしも①「index.html」を削除しただけではダメで、キャッシュを削除したところ、正常にデータ移行が確認できたのだ。

 

ほんと手順としては簡単

  1. 「index.html」を削除
  2. ブラウザのキャッシュの削除

この2点だけなのだ。

 

本当に半日なにをしていたんだろうとガッカリした。ただ、それでも正常にデータの引越しが完了したのでヨシとしなければならないだろう。

参考になれば幸いだ。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

特急料金払い戻し

遅延による新幹線(特急)の払戻し方法!どこの駅でも1年間払戻し可

ホームゲートウェイ

壁のLANポートが使えない!分譲マンションで解決した方法を公開

驚き!川崎市民プラザには「無料駐車場」がたっぷりあります!

目を逸らすな!!消費するだけの人生に意味はない。

体温計

風邪を1日でも早く治す方法!予防や諸症状(熱・喉・寒気)の対策!

住信SBIネット銀行の「当初引下げプラン20年」を選択した理由