かんたん人気レシピで激ウマ!R25の手羽先の白湯鍋を作ってみた!


手羽先の白湯鍋(パイタン)を作ってみたい人

手羽先を使った鍋を作ってみたいな!

調べてみるとパイタン鍋というのがあるみたい!

どんな感じなのかな?

 

こんな興味にこの記事ではお答えしますよ!

 

先日「R25」で白湯鍋というものが紹介されていて、興味をもって作ってみました。

R25とはリクルートが第1・3週の木曜日に発刊するフリーのトレンド雑誌。毎回そのテーマ設定が面白く、また各業界の小ネタも収録されており、フリーと言えど侮れないクオリティなんです。

 

そんなR25の今回の特集は「大人の極上鍋」。これはもう見るしかないですよね。

そしてその中で紹介されていた「手羽先の白湯鍋」があまりにも美味しそうだったので、実際に作ってみましたよ。

ぜひ、ご覧ください。

R25「大人の極上鍋」

IMG_9840.JPG

黒を基調とした表紙が駅のラックの中でも一際目立つのだ。

そして白抜き文字で「大人の極上鍋」。

もうテーマ設定が素晴らしすぎて吸い寄せられるように、R25に手を伸ばしていましたよ。

手羽先の白湯鍋(パイタン鍋)

IMG_9839.JPG

今回はプロの料理人によるイチオシ鍋が、4種類ほど紹介されていました。

パイタン鍋のほかにも、別所哲也さん、阿藤快さんなどの著名人がオススメされる「名物鍋」の紹介ページがあるなど豪華満天。

 

そして今回、料理研究家のきじまりゅうたサンがご紹介されていた、レシピ付の「手羽先の白湯鍋」が目に留まりました。

見た瞬間、これは絶対美味い!!作るしかないと。

パイタン鍋のレシピ&作り方

IMG_9838.JPG

これがレシピと作り方。(R25より)

「時間圧縮!!手羽先の白湯鍋」レシピ

■材料
・鶏手羽先:8本
・鶏もも肉(唐揚げ用):300g
・キャベツ:小1/2個 (300g)
・ニラ:1束
・ニンニク:小3片
・水:1400ml
・日本酒:200ml
・唐辛子の輪切り(タネは除く):適量
・コーヒーフレッシュ  ポーション:3個分
・粗挽き黒こしょう:少々
・白すりごま:適量
・ごま油:大さじ2

【A】
・鶏ガラスープの素:大さじ1と1/2
・みりん:大さじ2
・塩:小さじ1/3

■作り方
1.土鍋に鶏手羽先・ニンニク・唐辛子・水・酒を入れて火にかける。沸騰したら、1度アクを取った後(※1)、ふたをして弱火で30分煮る。
2.キャベツは8等分のくし型に切り、ニラは 5cmの長さでざく切りにする。
3.鍋にコーヒーフレッシュ(※2)を入れる。さらに A を入れて溶けたら、鶏もも肉も加えて4~5分程度煮る。
4.キャベツを入れて少し煮た後、ニラをのせ、全体にごま油をかけて、ごまとこしょうを振ったら完成。

*シメには、ノンフライ麺のインスタントラーメンがおすすめ。

※1:アクを取るのは 1 度でOK。途中でふたを取るとせっかくの熱や圧が逃げ、旨みが出ないので注意。
※2:コーヒーフレッシュを入れるとコクと白さがグッと本格的に。植物性油脂が鶏の旨みを邪魔せず、引き立ててくれる。

 

パイタン鍋を実際作ってみた!!

IMG_9848.JPG

土鍋で手羽先、ニンニクを水と酒で煮込む。

唐辛子も入れることになっていたが、小さな子供がいるのでそこは省きましたよ。

アクが出てきたら1度取り除く。

※途中、コーヒーフレッシュも入れることになっていたが、それも子供がいるので省いた。

 

IMG_9845.JPG

最終的にはこのニラが味をピシッと〆てくれる。栄養素も満点で体も暖まる。

なんとも憎いやつですね。

手羽先の白湯鍋が完成!!

IMG_9847.JPG

ほんとお手軽に完成しました!

材料もそんなに多くなく、そもそも入れる順番も間違えることもありません。なんたって途中で入れる具材はキャベツとニラだけなんですから。

これではどんなに料理をしない私であっても、間違えようがありませんよね。

 

IMG_9849.JPG

ニラの緑が映えて食欲をそそる。なんとも優しい味で身体の芯から温まります

そして軽い食べ口で箸が進む。

シメはラーメン

IMG_9841.JPG

教科書通りにシメはラーメンをいただきましたよ。

だしが出まくった汁を吸い込み、美味すぎるラーメン。夜は炭水化物を食べない私も箸が止まらなくて、参った。

隠し味(ちょい足し調味料)

IMG_9842.JPG

隠し味として「胡椒+山椒」をオススメしたい。お皿に盛り付けたあと軽く振りかけるだけで、更に味が締まります。

R25では「ゆず胡椒」が紹介されていたが、こちらもオススメ。やはり胡椒が合うという事かな。

 

正直、子供の頃は「鍋」はあまり好きではありませんでした。ほとんど水炊きだったし、あの具をなんでも放り込む、雑多な感じが嫌だったんですよね。

どこか、やっつけ料理というイメージがありましたし。まぁ私が、ほかの鍋を知らなかっただけなのでしょうが・・・。

それでもここ最近は、手の込んだお洒落な鍋を食べるようになったし、水炊き以外の鍋も多く知っています。

 

そんな中、今回はお手軽かつ極上の鍋を知ることができ、本当に幸せです。

材料準備、作り方、どちらも手間はほとんど掛からないですし、時間も3~40分ほどあれば十分。

それでいてこの味を楽しめるのなら言うこと無しですね。

 

寒い冬、簡単に温まりたいのなら鍋!!是非、色々な鍋料理に挑戦したい。R25を見てそう思いましたよ!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【美瑛町・だいまる】脂がウマ!「美瑛豚カツカレーうどん」

【やまか ジンギスカン】極うまっ!札幌すすきので絶品炭火焼き

渋谷せんべろ!居酒屋「幸ちゃん」はレベル高くサラリーマンの味方。

鳥取市でうまい和食を食べるなら「ぎんりん」がオススメ。

地元民も通う!阿蘇おすすめグルメスポット4選はこれだ!!

親父のおまかせ盛

魚仁(うおじん)月島|3000円で天国になれるおすすめ居酒屋!