本当に狭い!アリタリア航空エコノミー座席の搭乗記|電源はある!

AZ786便搭乗券

この記事ではアリタリア航空のエコノミー座席は本当に狭いのか?

実際に搭乗してきた感想をお伝えしたいと思います。

アリタリア航空
イタリアの航空会社・アリタリア航空(AZ787便)を利用して「成田国際空港」から「ミラノマルペンサ国際空港」まで直行便で移動してきました。 ...

先日、アリタリア航空を利用してイタリア・ミラノに行ってきました。搭乗クラスはもちろんエコノミークラス。

事前にネットで調べてみるとアリタリアのエコノミーは狭い!と評判じゃないですか。

参ったなぁと思いつつも仕方ありません。すでにチケットを取ってしまってますからね。

アリタリア航空のエコノミークラスは本当に狭いのか?

エコノミークラス前方との間隔

どーんと最初に結論、ほんと狭いです。普通にしていてこんな感じです。わたくし174センチと男性の標準サイズですが、それでも窮屈に感じました。

さらに窮屈に感じさせるのがこれ!

枕と毛布

そうです。毛布とネックピロー。これがそれなりに場所を取るんですよね。感覚的にはスペースの1/3を占拠するようなイメージです。

毛布と枕

しかも搭乗時にはすでにセットされているこの二つのアイテム。狭いシートをさらに狭く感じさせています。

もちろん使う人にとっては良いでしょうが、そうでない人には邪魔でしかありません。

いっそ希望者に配布にしてくれた方が助かるんですけどね。まぁCAさんの負担が増えてしまうのですが。

でもほんと前との感覚は数センチと12時間のフライトには過酷な条件です。

おすすめの席は通路側

アリタリア航空エコノミー席

ではエコノミー席の中でもおすすめなのはどこなのか?これは議論が別れるところです。

外の景色を楽しみたければ「窓側」ということになるんでしょうが、トイレの時など気を使わなければならない。

逆に「通路側」は景色は楽しめませんが、気兼ねなくトイレに行けますし、通路側に足を投げ出すことができ、少しスペース的にも余裕を感じることができます。

窓側のメリット・デメリット

  • メリット:機窓から海外の景色を楽しめる
  • デメリット:圧倒的に窮屈で、トイレに行くにも気を使う

 

通路側のメリット・デメリット

  • メリット:通路に足を投げ出し、スペースが少し余裕ある。トイレに行くのに気を使わない。
  • デメリット:機窓から海外の景色を楽しめない

 

そんな中、わたしのおすすめは断然、通路側です!

海外に行くので景色を楽しみたいという意見もあると思いますが、実際楽しめるのはせいぜい離陸と着陸の30分前後ぐらいの話です。その時間のために12時間ものフライト中、トイレに気を使わなければならないのは大きなデメリットです。

なのでここは通路側を選択するのがおすすめしましょう!

機内食-1回目
アリタリア航空を利用してイタリア・ミラノマルペンサ国際空港から成田国際空港への直行便(AZ786便)を利用しました。 この記事では下記の項...

エコノミー座席でも電源はあります!

電源コンセント

狭い、狭いとネガティブなことばかり言ってきましたが、良いことだってあります。

それはエコノミー座席であってもUSBの電源が各シートに完備されていることです。これは本当に助かりますよね!?

長いフライト、タブレットやスマホで音楽や映画を楽しむ方も多いと思います。そんな時に気になるのがスマホなどに電源です。バッテリーの残量を気にしながら使うのはソワソワして思いっきり楽しむことができません。

でも電源があるのであれば話は違います、バッテリー残量を気にすることなくスマホなどを使えますからね。持ち込み荷物の中に忘れず充電ケーブルを入れておきましょう。

今回、実際使ってみてバッチリ充電できましたよ!

 

確かにアリタリア航空のエコノミー座席は狭かったです。今回、成田空港からミラノ・マルペンサ空港までは「窓側」、ミラノから成田空港までは「通路側」で移動してきました。

搭乗してみた感想としては「通路側」を確保できれば思ったより快適にフライトできるな・・・と。行きが窓側で窮屈だった分、帰りはそう感じたのかもしれません。

でもトイレに気を使わないのと、通路に足を投げ出せる余裕を考えるとやはり通路側ですね。

沖縄旅行はスカイレンタカーがおすすめ! レンタカー

沖縄でレンタカーを借りたい!でもどこのレンタカー会社にしたら良いの?

迷っているなら「スカイレンタカー」がおすすめです。

全国展開していながら価格も安価でサービスも素晴しいです。返却時の手続きもすごく簡単です!

>>スカイレンタカーの「申込み」はこちら!<<

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

機内

保安検査場をスムーズに通過するコツ|何分前から?出すものは?

【搭乗記】JALファーストクラス「羽田‐新千歳」で機内食を堪能!

baファーストクラスチェックインカウンター

搭乗記!ヒースロー空港BAファーストクラスカウンターを利用!

至福の時間。JAL国内線ファーストクラスに乗ってみた!!

国際線!長時間のフライトで飛行機に持ち込む物まとめ。

JAL「空席待ち」を確実に取る方法。3つの手順で徹底解説します!