サラリーマンのネタ帳

*

沖縄旅行3泊4日の子連れフリープランはこれ!おすすめコース解説!

      2017/04/01

haibisukasu

沖縄は魅力的なところが多すぎ、逆にどこを巡ればいいの?と悩んでる方も多いと思います。

そんな時は、この記事を参考にして下さい。

 

これまで家族旅行で2回、出張では数え切れないほど沖縄にやってきました。

「青く深い海」「美味しい食事」「独自の文化」など沖縄は魅力がいっぱいです。

これだけ来ても飽きることのない沖縄。毎年でも毎月でもやってきたい沖縄。

 

そんな沖縄を巡る3泊4日プランを考えてみました。

 

ベタな美ら海水族館から観光客がなかなか行かない米軍のレストランまで。ファミリーで楽しめる内容となっています。

 

今回のプランは大人2名+子ども2名(小学生と幼児)をイメージして立てました。

  • 絶景カフェに巡る
  • 大型ショッピングモールで買い物
  • 西海岸のリゾートホテルに宿泊
  • マリンアクティビティ体験!
  • もちろん美ら海水族館は外さない!
  • お土産は「お得」な地元スーパーで購入!

 

ぜひご覧ください!!

 

スポンサードリンク

 

1日目(絶景カフェから食材調達)

機窓

初日は午前中に那覇空港着。そこから半日使えることを想定しています。

レンタカー

レンタカーはスカイレンタカーがオススメですよ。全国規模で展開していながら料金もリーズナブル。

沖縄のレンタカーはスカイレンタカー以外、考えられません。

【厳選】沖縄「スカイレンタカー」をオススメする2つの理由

 

 

カフェくるくま

レンタカーを借りたらまずは南部の絶景カフェ「くるくま」でランチを取りましょう。

初っ端から南国雰囲気全開で一気に気分を盛り上げます。

贅沢すぎる時間。絶景カフェくるくまに行ってきた。

 

 

イオンモール沖縄ライカム

ホテルに向かう途中、イオンモール沖縄ライカムへ寄りましょう。

夜のアルコールややちょっとした小腹を満たすお菓子など、ここで購入すると良いですよ。

施設内には大きな水槽もあって、ちょっとした水族館気分。

イオンモール沖縄ライカム公式ホームページ

 

 

カフーリゾート・フチャク・コンドホテル

初日は無理をせず、早めにホテルにチェックイン。はじめから体調を崩しては元も子もないですからね。

オススメは恩納村にある「カフーリゾート・フチャク・コンドホテル」。

これぞリゾートホテル。ファミリーにピッタリ。できたら連泊したいところです。

これぞ楽園だ!カフーリゾートフチャクコンドホテルに宿泊。

 

 

 

2日目(マリンアクティビティを楽しむ!)

沖縄の海

二日目は家族全員でマリンアクティビティを楽しみましょう。

おすすめは小さな子どもがいても安心の「アンダゴ」。1歳から楽しめるプログラムを準備しています。

アンダゴ

アンダゴさんは1グループ1ガイドさんが付いてくれるので、自分たちのペースで楽しむことができます。

子どもが泣いて他の人に迷惑をかけた。なんてことはありません。

ガイドさんも子ども扱いになれてらっしゃるので安心。親自身も目一杯たのしむことができます。

最高!!2歳児も楽しんだマリンアクティビティ「アンダゴ」

 

 

おんなの駅

昼食は道の駅「おんなの駅」で取ります。ソーキそばから海産物、お寿司だってあります。クールダウンで名物のカキ氷を食べてみてはどうでしょう。

【おんなの駅】大人気かき氷と水産物直売所がイチオシ!!

 

 

昼寝

昼食を取ったらホテルに戻って昼寝です。テンションが上がって元気いっぱいかもしれませんが、ここは体力を回復させます。海は思った以上に体力を消耗しますからね。

シーサイドリストランテ

ディナーは嘉手納町まで車を走らせ、米軍御用達の「シーサイドリストランテ」でアメリカ気分を味わって下さい。施設内に入った瞬間からそこはアメリカ。チップは必須ですよ。ホテルに戻る途中で残波岬で夕焼けを見るのもグッド!!

【嘉手納町・シーサイドリストランテ】アメリカを感じる場所

 

 

 

3日目(美ら海水族館から国際通り)

カフーリゾート

3日目の今日はベタベタな沖縄観光コースです。午前中から美ら海水族館へ行き、午後は那覇市内まで戻って来ましょう。

美ら海水族館

沖縄最大にして最高の観光スポット「美ら海水族館」。ここは外せないスポットでしょう。何度来ても飽きない。チケットは道の駅「許田」で買うと良いですよ。

これから行くあなたへ!美ら海水族館を攻略する。

 

 

茜食堂

ちょっと寄り道する元気があれば、昼食は沖縄市の「茜食堂」がおすすめ。どでかいソーキに舌鼓を打って下さい。

【沖縄市・茜食堂】デカイ!名物「炙りソーキそば」を食す。

 

 

国際通り

夜は沖縄最大の繁華街「国際通り」で最後の夜を楽しみましょう。民謡ライブをやっている居酒屋やアメリカン居酒屋が多数。市場で食事を取っても良いでしょう。おすすめは「わらゆい」「キャプテンズイン」です。

ホテル

ホテルはちょっとリッチに過ごすならリーガロイヤルグラン沖縄、リーズナブルにいくならダイワロイネットホテル那覇国際通りがベストでしょう。

 

4日目(那覇空港周辺で過ごす)

豊崎

最終日は飛行機の時間を気にしながら、焦ることなく空港周辺で過ごしましょう。最後にお土産を買うなら道の駅豊崎がベストですよ。

道の駅豊崎

空港でお土産を買うならここで買いましょう。すぐ裏手にはガソリンスタンド(エネオス)もあるのでレンタカーを返すのにも便利。

沖縄旅行の最後に「道の駅豊崎」をオススメする5つの理由!

 

 

番外編(お土産買うならスーパーで)

お土産を賢く買いたいなら地元スーパー「サンエー」が良いですよ!地方発送もできます。

駐車場無料!那覇市内で安くお土産買うならサンエーに行こう

 

 

 

どうですか。無理なく組み込んだ3泊4日のプランです。

もっと詰め込むこともできますが、せっかく沖縄に来てまで時間に追われるのはどうかと思い、気持ち余裕を持たせています。

これで家族も大満足すること間違いなし。参考になれば嬉しいです。

 - 沖縄

336

336

  関連記事