体験記!ブルーシールアイスパークは子連れ家族旅行で大満足する場所

トッピング

この記事では、ブルーシールアイス牧港店に併設されたアイスパークで「アイス作り体験」をしてきたので、体験記として詳細をお伝えします。

 

沖縄に子連れ家族旅行に行ったら、多くの体験をしたいですよね。特に子供にはいい思い出を作って欲しいですからね。

そんな沖縄の体験ですぐ思いつくのがマリンスポーツ。各所でシュノーケリングやシーカヤックなど、プログラムが準備されています。あとは沖縄ガラス作り体験とか、それぐらいですよね。

 

そんな中、沖縄で一番有名なアイスクリーム・ブルーシールアイスが「アイス作り体験」をやっています。

場所は、ブルーシールの創業店である牧港店に併設された「アイスパーク」です。こちらは2016年の9月にオープンした割と新しい体験施設です。

そんなアイスクリーム体験ができる施設アイスパーク。

  • 予約はいつから取れるの?
  • 実際の体験内容はどうなのか?
  • どんな流れで体験していくの?
  • 所要時間はどうなのか?
  • 大人は付き添えるの?

など、細かいところを含めてこの記事ではお伝えしていきます。

予約はいつから?開始時間・所要時間・費用など

ブルーシールアイスの歴史

アイス作り体験には事前の予約が必要です。当日、お店行ってお願いすることはできません。ただ、Web上で空きがあれば当日でも予約を取れますので、急遽行くことになった場合は必ずWebで予約を入れてから向かいましょう。

ブルーシールアイスパークの予約こちらから!

 

また、予約は当月1日から翌々月末分(2ヶ月先)まで受付けています。それ以上先に予定している場合は2ヶ月前の1日になるまで待ちましょう。

予約について

  • Web上でのみ「予約受付」をしている。
  • 当日も「空き」があれば受付可能(ただし、Web上でのみ)
  • 当月1日より翌々月末の受付開始

 

1日5回開催

アイス作り体験は1日5回開催されます。1回の開催で体験できる人数は32人までです。

小学生までは大人が1名付き添いで参加することができますので、実際はもっと多くの人が体験室に入ることになります。

開始時間は次の5回です。

  1. 9:00~
  2. 11:00~
  3. 14:00~
  4. 16:00~
  5. 18:00~

 

所要時間

その後にも予定があるし・・・という方は所要時間も気になりますよね!?また、小さな子供の場合、あまり長い体験時間だと疲れてしまいます。でも安心して下さい。人数などによって多少ズレはありますが、概ね所要時間は45~60分程度です。

長時間やることはありませんので、その後の予定も立てやすいですし、子どもが疲れてっしまうこともありませんよ。

体験費用(大人の付き添い)

気になる費用は1名あたり1500円です。これにはアイスバー1本と保冷バック、冷凍庫体験が含まれています。また付き添いもOKです。(もちろんアイスバーなどは付きませんが。)

値段的には非常にリーズナブルだと思いますね。

ブルーシールアイスパーク体験

ブルーシールアイス牧港店

では実際にどのような流れでアイス体験を行ったのかご紹介して行きましょう。わたしたち家族が予約したのが11:00開始の回です。お店に到着したのが10分前の10:50です。

アイスパーク

アイス作り体験をするのはこちら!併設されているアイスパークです。壁の色も爽やかで、入る前からテンションが上がります。

店内

中はブルーシールアイス牧港店と繋がっていましたよ。

受付

アイス作り体験受付

まずは到着後、予約した旨を伝え受付を行います。受付と言っても名前を伝えて体験料を支払うだけです。ちなみにクレジットカードでも支払いは可能です。

テーブルに案内

マンゴー

受付を済ませると、体験するテーブルのカードが渡されます。体験室に入ったら指定されたテーブルまで行きましょう。また、テーブルによって違いますが、アイス作り体験前に冷凍庫体験をするテーブルもありました。

アイス作り体験の全体説明

体験室内

時間になると体験室に入るよう案内があります。部屋の中にはマンゴーを含め6つのテーブル(グループ)があります。

まず最初にアイス作り体験の流れをモニターを利用してスタッフさんが説明してくれます。そしてアイスのデザインを配布された紙にザックリでもよいので描いていきます。

その後、グループ毎に手を洗い、いよいよアイスバー作り体験がスタートします。

トッピングの選択

トッピング

まず最初に基本となるアイスバーとトッピングの選択です。先ほど書いたデザインをもとにトッピングを選んでいきます。

デコレーション開始

アイスバー作りスタート

アイスバーにチョコレートをコーティングしたら、トッピングをデコレーションする時間はなんと5分しかありません!それを過ぎるとチョコレートが解けてくるそう。慎重かつ急いでデコレーションを施していきます。

トッピング途中

急いでトッピングしています。でも焦って失敗しないよう慎重に・・・です。

この緊張感がたまりません。(って私は見てただけですが。)

トッピング終盤

トッピングも終盤戦。イメージ通りかどうかは置いておいて、絵的には出来上がってきました。子供も自分で作っているという満足感と5分以内に作らないといけないという緊張感で、テンションが上がっています。

アイス完成

アイスバー完成

完成すると早速・・・食べることはできません。1時間程度ドライアイスで冷やしてからでないと美味しくないそうです。

保冷バックに保管

保冷バック

なので保冷バックにいれて持ち帰りになります。子ども達もすぐに食べれると思っていたので少し残念。

ソフトクリームが食べれます!

ソフトクリーム

ですが、安心して下さい。そんな気持ちをブルーシールアイスさんも分かっています。

すぐに食べれないアイスバーの代わりにソフトリームをプレゼントしてくれます。

カップアイスクリーム

しかもですよ!付き添いの親(大人)の分まで無料でプレゼント!カップかコーンを選んだあと、自分でアイスクリームを作っていただくことができましたよ。

最後に親も嬉しいサービスで最高の気分でお店をあとにしました。旅行中だったのでアイスも移動中のレンタカーの中でいただきました。

 

とこんな感じでアイスパークではアイスバー作り体験が1500円でできちゃいますよ!楽しい体験と保冷バック、ソフトクリームが付いてこの値段は破格です。

1時間という所要時間もサクッとしていて親としてもいいですね。旅の途中や最後でも計画が立てやすいです。

小さな子供でも親の付き添い(大人)が入れるので安心。実際5歳のこどもでも十分楽しめました。

ぜひ、沖縄に家族旅行行った際はブルーシールアイス牧港店アイスパークへ!家族みんなで楽しめますよ!

 

沖縄旅行はスカイレンタカーがおすすめ! レンタカー

沖縄でレンタカーを借りたい!でもどこのレンタカー会社にしたら良いの?

迷っているなら「スカイレンタカー」がおすすめです。

全国展開していながら価格も安価でサービスも素晴しいです。返却時の手続きもすごく簡単です!

>>スカイレンタカーの「申込み」はこちら!<<

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一度は食べたい!沖縄おんなの駅「琉冰のかき氷」が絶対オススメ!!

【画像・動画あり】スマホの防水ケースは100均ので十分。

決定版!沖縄旅行の子連れに必要な「持ち物リスト」はこれだ!!

炙りソーキ

おすすめ!沖縄旅行で地元の人しか知らないスポットはこの2店舗!

2歳子供も体験!沖縄マリンアクティビティは「アンダゴ」がおすすめ

三枚肉そば(大)

田そば(沖縄)三枚肉そば|開店10分前から並ばないと食べれない!