サラリーマンのネタ帳

*

ブリティッシュエアウェイズ(ba8)搭乗記!機内食とドリンク解説

      2017/01/09

ブリティッシュエアウェイズ

イギリス・ブリティッシュエアウェイズに搭乗して「羽田空港」から「ロンドン・ヒースロー空港」までフライトしてきました!

 

復路便の「ロンドン・ヒースロー空港」から「羽田空港」までの搭乗記はこちらをご覧ください!

搭乗記!ブリティッシュエアウェイズ(BA7)機内食を写真付紹介

 

搭乗したのは、日本時間午前8:50発の便名BA8。

フライト時間は約12時間の長旅です。

 

実は以前にも同じブリティッシュエアウェイズでヒースローまで搭乗したことがあります。

ただ、前回は成田国際空港からの出発だったので、羽田からは初めて。

ブリティッシュエアウェイズ搭乗記!成田~ロンドン機内食など解説!

羽田「イモトのWiFi」受け取りと返却方法!500円クーポン利用

 

事前に羽田空港国際線のファーストクラスラウンジを利用したので、テンションは上がりっぱなし。それを抑えつつ搭乗しました。

この記事では、12時間のフライトで提供された「機内食」「ドリンク」などサービスを中心に搭乗から到着までを搭乗機としてご紹介したと思います。

 

スポンサードリンク

 

BAチェックインカウンター

BAチェックインカウンター

ブリティッシュエアウェイズのチェックインカウンターは羽田空港(東京国際空港)国際線の3階

 

出発ロビーの“L(エル)”にあります。

進行方向に向かって左端のカウンターなので分かりやすいです。

 

今回もワンワールド・エメラルドを持っているので「プライオリティカウンター」を利用させてもらいました。

搭乗するのはエコノミーなのですが、優先的に案内してもらえるので助かりますね。

 

羽田空港国際線JALファーストクラスラウンジ

羽田空港国際線JALファーストクラスラウンジ

搭乗する便はJALとのコードシェア便です。

また同じワンワールドなので、ブリティッシュエアウェイズからチケットを購入してもJALのファーストクラスラウンジが利用できます。

出発前にガッツリと楽しませてもらいました。

 

詳細は下記の記事にまとめましたのでご覧くださいね。

2つの食事に驚き!羽田空港国際線JALファーストクラスラウンジ!

 

「BA8」いよいよ搭乗開始!!

BA8

定刻の20分前から優先搭乗が開始。もちろん混雑を避け、優先搭乗させてもらいました。

優先搭乗の中でエコノミー席への一番乗りはわたし!さすがにステータス保持者はビジネス以上を利用する方が多いのでしょうかね。

さすがです。

エコノミーシート

エコノミーシート

エコノミーシートはこんな感じです。

設備としては、

  • 毛布
  • イヤフォン
  • クッション

の3点ですね。

 

エコノミー席

足元のスペースはこんなところ。

ギュウギュウではありません。思ったよりスペースはあります。

フライト中もPCで作業するためにバッグを下ろしたのですが、それでも可動域はありました。

 

富士山

羽田を離陸して日本海(新潟)方向に進路を取ります。

間もなく富士山がお目見えです。

 

機内食(朝食)

機内食-朝食

離陸して2時間経過しないぐらいで提供された機内食の1回目です!

やわなかな香りと一緒に提供されたメニューは、こちら。

  • スクランブルエッグ(マッシュルームとベーコンにトマト)
  • ポテト
  • パン(シナモン)
  • オレンジジュース

イングリッシュブレックファーストですね。

 

CAさんによると、これは朝食とのこと。時間的にも日本時間で言えば午前11時ぐらいなのでブランチといったところでしょうか。

これから訪問するイギリスに思いを馳せながらいただきました。

ちなみに機内食の前にドリンクサービスもありましたよ。

 

スクランブルエッグ

スクランブルエッグはトロトロで本当に美味しかったですね。

“とろける”という表現がピッタリの一品。

機上でいただく食事はどうもテンションがあがりますよね!?

 

ドリンクサービス

ここで今回のフライト中にいただいたドリンクをご紹介しましょう。確認ですが利用したのはエコノミー席となります。

当然、上位クラスになると幅は広がるんでしょうが、これでも十分でしたよ。

ハイネケン

ハイネケン

まずはオランダ・ハイネケンビール!

爽やかな風味が世界中で愛されている理由のビール。

個人的にも日本のビールを入れてトップ3に入るウマさです!!

キンキンに冷えて最高でした。

 

タイガービール

タイガービール

これはシンガポールを代表するタイガービール!

軽い飲み口でかなりイケます!

あとから調べたのですが「東南アジア」で大人気のビールだそうです。

白ワイン(dudley’s stone)

白ワイン

白・赤ワインもあります。今回いただいたのは白ワイン。

南アフリカのdudley’s stone!

度数としても重くないので酔いやすい飛行機でも大丈夫です。

 

機内食(夕食)

機内食‐夕食

着陸2時間前ぐらいだったでしょうか。夕食にあたる機内食の2回目が提供されました!

メニューはこちら。

  • ビーフシチュー的なやつ。
  • ご飯
  • サーモンのマリネとポテトサラダ
  • パン
  • あずきのタルト

ボリューム満点です。

 

ビーフ

ビーフシチュー!?は甘めの味付けでご飯とよく合います。味がご飯に染み込んでよかったですよ。

また、付け合せの野菜が心を休ませますね。

 

あずきタルト

あずきのタルトはドッシリと密度が十分!!

甘すぎるわけではないのですが、こちらはガツッときますよ。

 

サーモンマリネ

機上でいただく、サーモンのマリネ。これは白ワインとよく合います。

奥にちょっと隠れちゃいましたが、レモンもあって爽やかにいただけましたよ!!

 

イギリス到着

モニター

ロシアを通過し、気付けばもう少しでスウェーデン上空。

いよいよイギリスも近くなってきました!

このあとはオランダ上空を通過して、ヒースロー空港に向かいました。

BAファストトラックカード

ファストトラックカード

着陸直前にCAさんからいただいた入国審査のファストトラックカード

おそらくワンワールドステータス(サファイアまで)保持者に配っていると思われます。

これでサクッと待ち時間少なく入国できましたよ。感謝です。

 

ヒースロー空港

スムーズな着陸で、無事にイギリス・ロンドンヒースロー空港に到着しました。

「時差が9時間」あるので、現地時間昼過ぎの13時くらい。天気が良くて良かったです!

とにかくデカイ空港なので、着陸してからも大変。ターミナルに到着するまでの時間が日本では体験したことのないほどかかりました。

 

まとめると機内食は朝食・夕食の2回でそれぞれエコノミーにしてはクオリティもまずまず。

ドリンクはビールとワイン。もちろんソフトドリンクもあります。

あと日清のカップラーメンは頼めばいつでも提供してくれます。

 

CAさんも日本の方、イギリスの方それぞれ搭乗されていましたね。

全体的に満足度の高い、フライトとなったことを報告します。

 - 飛行機

336

336

  関連記事