サラリーマンのネタ帳

*

スキポール空港ワンワールドラウンジ!食事とドリンクを徹底解説!!

      2016/08/12

IMG_1251.JPG

アムステルダム(オランダ)・スキポール空港からロンドンに移動するため、ワンワールドメンバーであるブリティッシュ・エアウェイズ(BRITISH AIRWAYS)を利用した。

その際、搭乗まで多少時間があったのででブリティッシュ・エアウェイズのラウンジを利用させて頂いた。

 

one world EMERALD(JMBダイアモンド)を有しているので、搭乗クラスに関わらず、ラウンジを無料で利用できるでありがたい。

こういう時、ワンワールドメンバーの航空会社を利用するとその恩恵に預かることができるのだ。

 

今回利用させて貰ったラウンジはBritish Airways のGalleries Loungeだ。スキポール空港はラウンジが番号で分かれており、「40番」にあたるラウンジを利用したのだ。

 

出発まで静かなラウンジで過ごす。それだけで心が休まるのだ。

 

スポンサードリンク

 

利用基準(ワンワールド)

IMG_1250.JPG
ラウンジを利用するには一定基準を満たしている必要がある。

詳細は下記を確認して頂くとして、簡単にいうとone worldエメラルド若しくはサファイアを所持していなくてはならない。

one worldの特典

 

日本の方で言うと、日本航空のJMBダイアモンド(one world EMERALD)を取得するのが一番の近道なのだ。

事前にマイル登録もしていたので、搭乗チケットに“EMERALD”の記載がされていた。

 

 

手続き

IMG_1238.JPG
ラウンジ利用の受付は簡単だった。

カウンターにてチケットを見せながらワンワールドエメラルドメンバーである事を告げるだけでオッケーだ。

 

IMG_7263

特にJMBダイアモンドカードを提示する必要も無かった。なぜなら搭乗券にEMERALDの印字が既にされていたからだ。

事前にマイル受付登録しておくと印字されるので、是非登録することをオススメする。

 

 

ラウンジ

IMG_1249.JPG
それほど大きくないスペースではあるが、落ち着いた空間だ。

全体のスペースで言えば、上記写真の部屋が2つほどある。

 

そして利用者が少なかったせいもあるのだろう、兎に角、静かなラウンジという印象を受けた。

どんなに静かなラウンジと言えど、多少は利用者の雑音やBGMなどが流れているものだ。

ここにはそういったものが皆無であったのだ。

 

 

フード類

IMG_1248.JPG

提供されているフードは、

・スナック
・パンケーキ
・コーンフレーク
・ヨーグルト

など既製品の他、フルーツも充実していた。

IMG_1247.JPG
ただ、スープなど調理されたものは一切無かったのは残念だ。

まぁそれでも、贅沢と言うものでこれだけ頂ければ十分なのだ。

 

 

ドリンク類

IMG_1246.JPG

ドリンク類も充実。

アルコールで言えば、

・ビール(ハイネケン・ギネス)
・バーボン
・ウィスキー
・ワイン

など一通りは揃っている。

 

IMG_1245.JPG

ビールはハイネケンとギネス。

IMG_1244.JPG
ソフトドリンク類も、

・コカコーラ
・スプライト
・リプトン
・ココア
・コーヒー

など種類の多さに目を見張るのだ。

 

 

フルーツ

IMG_1242.JPG

午前中の利用だったので朝食も兼ねて、フルーツとヨーグルトを頂いた。

海外に行くとフルーツ丸ごと置いてあるラウンジは多い。これは空港ラウンジに関わらずだ。これが海外スタイルなのだろうか。

 

IMG_1243.JPG
追加でスナックとレモン水を。

 

 

Wi-Fi

IMG_1239.JPG

当然であるがWi-Fiも完備。スキポール空港全体にFreeのWi-Fiが飛んでいるので、通常のフロアでも不便はしないだろう。

それでもラウンジ専用のWi-Fiがあるのは有り難いのだ。

 

 

雑誌・パソコン

IMG_1241.JPG
雑誌やフリーで利用できるパソコンも完備。

 

IMG_1240.JPG

なかなか利用する人は少なそうだが、PC+プリンターも完備。今回はタブレットもPCもあったので使用はしなかった。

 

出発まで充実した空間を提供してくれるラウンジの存在はありがたい。国内のダイアモンド・プレミアムラウンジやサクララウンジは勿論のこと、海外の空港でもラウンジ利用できるワンワールドステータスの存在は非常に大きいのだ。

最後にひとつ。
スキポール空港は広大な空港だ。搭乗口まで歩いて10分などはザラにある。落ち着いた空間は良いのだが、リラックスし過ぎてギリギリになってしまわないように注意が必要だ。

 - ラウンジ

336

336

  関連記事