【高知県・室戸市】落ち着く港町の宿「太田旅館」に宿泊

oota-inn
なぜか落ち着く。田舎のおばあちゃん家に帰ってきたような温かみを感じる。そんな旅館に泊まってきた。

そう、それは高知県室戸市にある太田旅館だ。室津港の目の前にある太田旅館はザ・港町の宿という佇まいで出迎えてくれる。

そこには都会のような洒落た空間や設備は皆無だが、そこがまた魅力でもあるのだ。何も感じさせない、一切の無駄な雑音は入れない。情報や誘惑に溢れた都会とはかけ離れた空気が室戸市・太田旅館には流れていた。

 

 

●玄関広間

oota-inn-entrance
玄関を入り軽く階段を登ると玄関広間がある。そこには室戸の情報や雑誌(週刊誌、ジャンプ)などが置いてある。

oota-inn-entrance01
室戸のポスターもたくさん。郷土愛いっぱいだ。

 

●8畳部屋

oota-inn-room
案内された部屋は8畳一間のこの空間。一人でこの広さはありがたい。

床の間や縁側も着いているので実際はこれ以上広く感じるのだ。

oota-inn-room-view
縁側から見えるのは豚太郎室戸店。

豚太郎は高知県民のソウルフード!?なのか、県内に多く見かけるラーメン屋さんだ。

ちなみに、豚太郎=とんたろう。なのだ。決して「ぶたたろう」とは読んではだめだ。

 

●朝食

oota-inn-breakfast
今回は一泊朝食付きのプラン。朝ごはんの広間には、リタイア後の旅行と思われるご夫婦と私だけ。

oota-inn-breakfast01
決して豪華ではないが、これで十分。お味噌汁が身体に染みる。

 

●おまけ

oota-inn-idumi
目の前の「いずみ食堂」の看板。ん!?でも入り口付近には「いづみ食堂」と書かれている。

どっちなのだろうか?

murotsu-port
室戸の朝は綺麗だ。空気が凛と澄んでいて、海も綺麗。無駄な喧騒は一切なく心が洗われる朝なのだ。

室戸市の太田旅館には何もないのではない。都会で疲れた心と身体を癒してくれる空間がそこにはある。豪華な施設を求める人には決してオススメはしない。

静かに、心落ち着かせて時間を楽しみたいのであれば太田旅館。そして室戸市に行ってみれば良い。

必ず何が見つかるはずだ。

沖縄旅行はスカイレンタカーがおすすめ! レンタカー

沖縄でレンタカーを借りたい!でもどこのレンタカー会社にしたら良いの?

迷っているなら「スカイレンタカー」がおすすめです。

全国展開していながら価格も安価でサービスも素晴しいです。返却時の手続きもすごく簡単です!

>>スカイレンタカーの「申込み」はこちら!<<

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

沼津リバーサイドホテルの朝食紹介!沼津駅周辺の宿泊におすすめ!

伊豆・熱川館はおすすめ!部屋食の「品数」と「レベル」が凄すぎる!

大浴場付き!名古屋出張のおすすめビジネスホテルは三交イン名古屋錦

yuzawa-grand-hotel-rice

秋田・湯沢グランドホテル「あきたこまち朝食」がおすすめ!

博多グリーンホテル1号館-朝食ビュッフェ解説

博多グリーンホテル1号館の朝食がなぜ人気なのか分かった気がします

ファミリー利用おすすめ!島原温泉ホテル南風楼はサービスがすごい!