セラポッタ(cerapotta)魅力解説!コーヒー好きのレビュー

cerapotta_1

今日はセラミック製のコーヒーフィルターセラポッタについての話題を取り上げます。

最近、自宅でコーヒーを淹れることに挑戦しようと思っているんです。でも、どんなフィルターを使ったらいいか分からなくて…。

そんな方におすすめなのが、セラポッタというコーヒーフィルターなんです。コーヒーの味わいを存分に楽しめる素晴らしいアイテムなんですよ。

へー。セラポッタって、どんな特徴があるんですか?

セラポッタはセラミック製のフィルターで、コーヒーの抽出過程で余分な雑味を取り除くことで、よりクリアで豊かな味わいを楽しむことができます。また、使い捨てのペーパーフィルターとは違い、環境にも優しいんですよ。

 

みなさん、セラポッタというセラミック製のコーヒーフィルターをご存じですか?

と偉そうに言う私も「使い捨ての紙のコーヒーフィルターではなく、洗って使えるコーヒーフィルターを探しているときにたまたま見つけたもの」でした。

でも今はその実力に“生活になくてはならない物”になっています。

今回はセラミック製コーヒーフィルター「セラポッタ」に関し、私が感じていることをご紹介したいと思います。

セラポッタとは?(セラミックコーヒーフィルター)

セラポッタは、コーヒーを淹れる際に使用するセラミック製のフィルターです。髪の毛よりもさらに細い5μmの孔を持つ多孔質素材が雑味を濾過し、驚きのクリアな味わいでコーヒーを淹れることができます。

あとでも記述しますが水のみを濾過してみたのですが、いつもの水が明らかにうまい水というごまかしの効かない素材自体もクリアな味に変えてしまう実力の持ち主なのです。

また、セラミック製のフィルターは、ペーパーフィルターや金属フィルターと比べて、独特の味わいを持ち、繰り返し使用することができます。

セラポッタをおすすめする理由

コーヒーフィルターが使い捨てではない

一般的なペーパーフィルターは使用後に捨てる必要がありますが、セラポッタは手洗い洗浄して再利用することができます。

むしろ食洗器や洗剤を利用して洗うことはNGとされています。理由は孔に洗剤成分が詰まってしまい味わいがかわるから。理由も納得ですよね。

何度も手洗いでフィルターゴミがでない。これにより、環境に優しいコーヒーの淹れ方が可能となります。

ろ過されて味がクリアになること

セラポッタは微細な孔からなるフィルターであり、コーヒーを効果的にろ過します。そのため、余分なオイルや微粉が取り除かれ、コーヒーの味わいがクリアでありながら豊かになります。

ろ過され方が特徴的で気持ちいい

セラポッタでコーヒーを淹れると“じんわり”と濾過されていきます。セラポッタの孔を通し、クリアになったコーヒーが滲み出て抽出されます。そのプロセスは、時間をかけてコーヒーを淹れるという行為そのものが、豊かなコーヒータイムを演出します。

セラポッタを使ったコーヒーの淹れ方

私がおすすめする「セラポッタ」を使ったコーヒーの淹れ方は以下の通りです。

お湯の温度は95度

セラポッタでコーヒーを淹れる際には、お湯の温度にも注意が必要です。95度程度のお湯を使用すると、適切な温度でコーヒーが抽出されます。一般的には90度~が美味しいコーヒーを淹れる条件とされていますが、セラポッタは濾過するのに時間を要するので多少高めの95度がおすすめです。

適切な挽き具合

コーヒー豆の挽き具合も重要です。セラポッタでは中挽きから細挽きの豆が適しています。挽きすぎるとコーヒーが苦くなり、粗挽きだと味わいが薄くなります。

ゆっくりと注ぐ

セラポッタはお湯が均等に注がれるようにすることが重要です。一気に注ぐのではなく、ゆっくりと円を描くように注ぐことで、コーヒーの味わいが均一になります。

このあたりは紙のコーヒーフィルターでも同じですよね。

セラポッタのメリットとデメリット

メリット

  • オイリーなコーヒーやクリアで深い味わいを楽しむことができる。
  • 環境にやさしく、使い捨てのペーパーフィルターを使用しなくて済む。
  • 丁寧に扱えば長期間使用できる耐久性があり、経済的。

デメリット

  • 手入れが必要で手洗いのみなのが難。丁寧に洗わないと目詰まりをおこす。
  • 落としたり雑に扱うと破損する。食器より丁寧に扱う必要があり、気を使う。

セラポッタの耐久性とメンテナンス

耐久性の高さ

セラポッタは適切に扱えば長い期間利用することが可能です。ただ、耐久性はそこまで高くなく、雑に扱うと一瞬で破損してしまいます。もちろん破損させたことはありませんが、手入れしている感覚からそう感じます。

メンテナンス方法

セラポッタのメンテナンス方法は比較的簡単です。使用後は水で洗うだけですから。丁寧に洗うことで内部の汚れを取り除き、長く清潔に保つことができます。

いつもより濾過する時間がかかるなと感じたら“まるごとお湯で煮沸”することで解消されます。

cerapotta

状態としては上記写真のようになったらお湯で煮沸が必要です。コーヒーの粉が目詰まりしている感じが見て取れると思います。

これを簡単に煮沸することによって、一番最初の写真の状態のように復活しますよ。

ただ、メンテナンス方法は簡単なだけで、手間がかかるのは事実。洗剤を使ったりする必要はないなど手数は少ないものの、その分丁寧さは求められます。

セラポッタと他のフィルタータイプの比較

ペーパーフィルターとの比較

ペーパーフィルターは使い捨てであり、毎回新しいものを使用する必要があります。一方、セラポッタは再利用可能であり、環境にやさしい選択肢です。また、ペーパーフィルターを使った場合よりもオイリーなコーヒーや深い味わいを楽しむことができます。

金属フィルターとの比較

金属フィルターは耐久性が高い反面、微粉やオイルを取りこぼすことがあります。セラポッタは微細な穴からなるため、より効果的に微粉やオイルを取り除き、クリアな味わいを提供します。

セラポッタを使ったコーヒーの保存方法

セラポッタを使ったコーヒーを保存する際には、次の点に注意してください。

  • 使用後は十分に乾かし、湿気を避ける。
  • 直射日光や高温多湿の場所を避けて保管する。
  • 定期的にメンテナンスを行い、清潔に保つ。

これらの方法を実践することで、セラポッタで淹れたコーヒーの味わいを長く楽しむことができます。

セラポッタを使った水の美味しさ

セラポッタを使ってコーヒーを淹れるだけでなく、普段の水(ミネラルウォーターではない)もセラポッタでろ過することで美味しさが格段に向上します。セラポッタの微細な穴から水がろ過される過程で、余分な雑味や不純物が取り除かれ、水自体のクリアな味わいが引き立ちます。

これは騙されたと思ってやってみてください。ほんとうに驚きますから。

セラポッタを使って生活が豊かになる

セラポッタを使ったコーヒーは、ただの飲み物ではなく、生活の一部となります。その深い味わいや独特の香りを楽しみながら、ゆったりとした時間を過ごすことができます。セラポッタを使うことで、コーヒーだけでなく、水より美味しく感じるかもしれません。

セラポッタを使ったコーヒーの淹れ方は、一見手間がかかるように感じるかもしれませんが、その独特の味わいや豊かな香りを楽しむためには十分な価値があります。是非、このコツを参考にして、自分好みのセラポッタコーヒーを淹れてみてください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

リビングルーム

ドラム式洗濯乾燥機のレビュー!購入後1ヶ月の感想はメリットのみ!

ノートパソコン

BTOノートパソコンおすすめはフロンティア|検討した3社と理由

3DRYAIRマットレスを買わないと人生損!

【スマホ防水ケース】ちょい使いなら「100均」ので十分!

ユニクロのサングラス

ユニクロサングラスの特長解説!おすすめポイント5つで選ぶ理由

東芝サイクロン式掃除機が吸わない!トルネオの故障対処法を解説!