サラリーマンのネタ帳

*

会費制の結婚式マナー!ご祝儀・お車代はどうする?青森県三沢市編

      2016/03/13

IMG_6280

青森県三沢市で友人の披露宴に出席してきました。

関東から飛行機に乗っての出席です。これまで各地方で披露宴に出席してきましたが、三沢市では初めて。色々と冠婚葬祭はご当地の“しきたり”があって大変です。知らず知らずのうちに恥をかいていることだってあります。

自分の当たり前が、当たり前ではない時だってあるんですからね。まさに郷に入れば剛に従えってヤツですわ。

そんなんで三沢市の披露宴のしきたり!?をご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

会費制

IMG_6226

まず披露宴は会費制でした。

今回は\17,000-。北海道のときも会費制でしたが、¥12,000-~¥15,000-が相場でした。なので若干高めでしょうか。

さらには会費を入れる封筒まで招待状と一緒に送られてくるんです。しかもその形状が面白く、斜めにカットされているんです。お札の1/4ぐらいが見える形です。受付の方が確認しやすいようにでしょうか!?

 

ご祝儀はどうする?

今回は遠方からの参加だったので、ホテルを一室準備していただきました。この場合ご祝儀を別途包んだほうがよいのでしょうか?

これは正解はないそうです。「遠くから来る方の負担にならないよう会費制にする。」って意味もこめられているようで、ご祝儀は特段必要なし。ただ、包んでも大丈夫です。

 

お車代は?

遠方からの参加の場合、受付時にお車代が渡されます。相場は\3,000-~\10,000-でしょうか。しかしここで注意が必要。ご祝儀を包まなかった場合、2次会なので、新郎・新婦どちらかにご祝儀を返すのが一般的!?なんだそう。今回はそうしました。

ただ、これには正解はないと思います。もちろんそのままいただいても良いですし、後日ギフトカードなどで半額お送りするのもよいと思います。要は気持ちがこもっているかどうかですね。

 

しかしまぁ今回の出席者は300人を越えており、驚きました。同じく会費制の北海道でもなかなかこのクラスはないですね。地方に行くと驚くことばかりです。でも楽しい披露宴でした。

 - 三沢市

336

336

  関連記事