サラリーマンのネタ帳

*

【伊那市・うしお】老舗の味!名物「ローメン」を食す。

      2015/04/28

IMG_8972.JPG

あなたは「ローメン」という食べ物を知っているだろうか。ラーメンではない、ローメンだ。見た目はどちらかと言うと焼きそばに似ている。

長野県伊那地域特有の食べ物で、羊肉と野菜炒めに、蒸した中華麺を混ぜた料理なのだ。漢字で「炒肉麺」とも書き、なんとなくどんな料理か想像がつくだろう。羊肉が豚肉に変わったり、スープがあるもの、ないものなど店によって少しずつ具材や料理の手法は異なる。ラーメンでも焼きそばでもない、ローメン。

伊那市の中心地にある「うしお」というお店で頂いてきた。

 

スポンサードリンク

 

●ローメン

IMG_8971.JPG

昼時をちょっと過ぎた時間にお邪魔した。店には4組程度の先客がいたが、全てのテーブルにローメンが運ばれていた。さすが名物。みなローメンを食べに来てるのだ。

勿論わたしも迷わずローメンを注文。5〜6分後に早速運ばれてきた。

 

IMG_8970.JPG

確かに太い。蒸して膨らんでるだけあるのだ。見た目から濃い味付けを想像したが、そんな事はない。むしろ薄目に感じた。まとわりつくような味付けではないのだ。ガッツリ食べるというものでもなく、ツマミといったイメージ。実際、ビールのアテとして食べる人も多いそうだ。

 

●支那そば(ラーメン)

IMG_8969.JPG

店構え、店内雰囲気から支那そばも美味いのでは!?と直感的に感じた。上品な田舎そばだ。

 

IMG_8967.JPG

麺も美味い。水がいいのかな。

 

IMG_8968.JPG

スープも綺麗で澄み通っている。ほんと上品。

 

IMG_8966.JPG

店内は老舗感が満載。ちょっとやそこらでは醸し出せない昭和な味があって落ち着く。

是非、あなたもローメン&支那そばを召し上がってみないだろうか。

 - グルメ

336

336

  関連記事