サラリーマンのネタ帳

*

時短で簡単に餃子完成!手作り餃子に「フードプロセッサー」は必須!

      2017/03/21

フードプロセッサー

初めてフードプロセッサーを使って餃子作りをしてみました!

 

で、フードプロセッサーを利用して早速感じたことは、

「これまでの時間を返してくれ~!」

「なんでこれまで使わなかったんだろ~!!」

というのが素直な感想ですね。これほんと。

 

もちろん「多少は時間が節約できるだろう!」とは思っていましたが、餃子作りがここまで“楽”になるとは思ってもみませんでした。

 

今回は、

  • フードプロセッサーを使っての餃子作り
  • フードプロセッサーを使って感じたこと

を中心に紹介していきたいと思います。

 

また同じように時短カレー作りにも挑戦しましたよ。お父さんが作る簡単カレー。

お父さんが30分で作る!フードプロセッサー「時短」「簡単」カレー

 

早速どうぞ!!

 

スポンサードリンク

 

憧れのフードプロセッサー購入!!

我が家はみんな「餃子が大好き」の餃子家族。気付いたら「餃子」を食べてる!?

ほんと週末は決まって餃子!と言っても過言じゃないほどなんです。

 

しかも子ども達もたくさん食べるので、1回に100個を手作りしています。

そして、そのまま一気に食べきっちゃうんですから、我ながら驚きの消費量ですよ。

それだけ手作り餃子って美味しいんですよね。

 

でも餃子って「包む」のはいいんですけど、材料を「切る」のが意外と大変。

白菜をみじん切りにしたりするのって、結構時間がかかるんですよね。

しかも100個となるとその量もそれなりになってしまうので、毎度包丁との格闘なんです。

ほんとこの「切る」というのが一番ネックですよ。

 

そんな中、先日購入したフードプロセッサーを利用して餃子作りをしてみたところ、驚くほど時短できるじゃないですか。

その感想が冒頭のフレーズに表れています。

 

 

これまで何となく「フードプロセッサーがあれば楽かなぁ~。」と思っていましたが、なかなかタイミングがなく購入していませんでした。

でも、さすがに大量の材料処理も大変になってきたので思い切って購入!!

そしたらこんなに良いモノだったんだってビックリしましたよ!

 

フードプロセッサーで材料準備

みじん切り

いつもなら白菜と包丁で大格闘!

でも、今回はその必要はありません。だって強い味方、フープロがいますからね。大量のみじん切りもあっと言う間です。

 

みじん切り後

粗々に切ってフープロに突っ込むだけ。あとは「ウィ~ンッ、ウィ~ンッ」と回転させるだけです。

ビックリするほど短時間に大量のみじん切りが完成。

いやいや簡単すぎでしょ。

 

手ごね

餃子の餡

挽き肉と野菜、調味料を混ぜて“こねる”のはこれまで通り、手でこねます。

これはそこまで時間がかからないのと、微妙なこね具合を確かめたいので手でやりました。

 

皮に包む

餃子‐包む

餡を皮に包むのは当然、手作業。これはなかなか機械ではできませんよね。

で結構、包むのって楽しくて好きなんですよね。

綺麗に包みあげたときの満足度はたまりません。

 

フライパンで焼く

フライパン

さぁゴールはもう少し。フライパンで一気に焼き上げていきましょう。

最後に片栗粉を溶いて羽根をつけましょうね。

 

特製タレ

餃子タレの材料はこれです。

  • 醤油
  • お酢
  • ラー油(唐辛子入り)
  • 黒胡椒

を混ぜてピリ辛風に作ります。これが食欲をソソるんですよね~。

 

焼き餃子

フードプロセッサーがあるので、調子に乗って150個作ってみました。

いつもより50個も多いのに、準備時間は半分以下です。

ほんとフープロ様様です。まじめに便利さを強く感じさせられましたね。

 

これまで購入しなかったのも「フードプロセッサーがなくても包丁でできてしまうから!」と勝手に頭の中で考えてしまっていたからです。

でも時間がない中、大量の材料を処理するには電化製品に頼るべきかなと思います。

片付け含めても「圧倒的な時短」ができる、フードプロセッサー。

これまでの生活を変えてしまいますね!!もっと早く使えばよかった。。

 

 - 暮らし記

336

336

  関連記事