サラリーマンのネタ帳

*

1週間で効果実感!炭水化物抜きダイエットが簡単で続けやすい理由!

      2016/02/14

20140702-221407-80047353.jpg

「ご飯一杯を我慢するか?」

「辛い運動を1時間するか?」

 

アナタならどちらを選ぶだろうか?

多くの人が前者を選ぶのではないだろうか。

 

なぜなら辛い運動より、ご飯を一杯我慢するほうが簡単だからだ。

盛り方にもよるが、ご飯茶碗一杯が200kcal前後だ。それを運動で消費しようとすると大体、自転車を1時間も漕がなければならない。

 

どちらが簡単か?明白だろう。

 

何も難しく考える必要はない。単純にダイエットとはそういう事なのだ。

小学生でもできる、足し算引き算の世界なのだ。

 

それでも多くの人がダイエットは辛く、続けるのが難しいものだと考えている。

ダイエットは早寝早起きと並んで、三日坊主の代名詞とも言えるのだ。

 

しかし、何か勘違いしていないだろうか?

 

ダイエットは辛いものではないし、ある意味単純で簡単なものだ。

私から言わせればこれ以上簡単なものはない。

 

スポンサードリンク

 

●食べたら太る

食べたら太る。当たり前の事だ。

私たちの身体は食事で摂取したものからできている。誰でも知っている事だろう。

 

3ヶ月前に摂取したものが今の身体を作っているとも言われる。

 

口にしたものが体内で消化され、身になる。そして不必要なものだけが排泄物として体外に出されるのだ。

誤解を恐れず言うと、痩せたければ全く食べないことだ。

 

ただ、それでは健康に害を与えるので止めて欲しいが、実際のところだ。

 

 

●食べなくて良い物

では、どうやって痩せるのか?

それは再三このブログでも書いているが炭水化物を摂取しないことだ。これが1番簡単で確実な方法だ。

※炭水化物ダイエットの仕組みは下記の記事に譲る。

なぜ、私はダイエットを成功させることができたのか。

 

 

炭水化物。ご飯や麺類、パンなどがこれに該当する。

炭水化物を取らないだけで、簡単にしかもすぐに痩せることが可能になるのだ。

 

ただ、いきなり「0(ゼロ)」にするのは難しいだろう。であるなら、まずは摂取量を8割程に落としてみてはどうだろうか。そして慣れてくれば6割、4割・・・と段階的にその量を減らしていくのだ。

 

やる前は結構ハードルが高いように感じるが、試してみると意外とアッサリ受け入れられる。私自身がそうだった。

考えてもみて欲しい。炭水化物を食べなければいけない!なんて誰が決めたのだろう。

 

そう聞かれると明確に答えられる人はどれだけいるのだろうか?

 

要は昔から植え付けられた固定概念の何者でもないのだ。

実際、炭水化物(=糖分)を取らなくとも体内のアミノ酸から糖分を作り出すことが可能なのだ。これは紛れもない事実なのだ。

 

 

●成功が成功を呼ぶ

必要な栄養素は摂取しなければならない。何でもかんでも食べるな!と言っているのではない。

ただ、糖分だけは違う。

ここで言いたいのは、必要のないものを摂取して太る必要は無いということだ。

 

これだけはハッキリ言う。糖分は必要ない。

 

ただ、そこで問題となってくるのが、甘い物を欲する人間の欲求だ。

ご飯やスイーツでストレスを発散させる人も珍しくない。

 

その欲求にどう打ち勝っていくか。

この部分だけは自分の意思だけでしかない。

 

しかし幸いな事に、炭水化物ダイエットは即効性が高い。

結果がすぐに数値として現れやすいのだ。

 

結果が出るという事は、すぐにプチ成功体験を感じ取れるのだ。

これはダイエットを続ける上で都合が良い。何故なら、何も結果が出ない中、闇雲に頑張ることは中々難しい。それが「やれば効果が出る。」となると話は全く違うだろう。

続ける意欲が継続する。

 

 

まずは3日間。3日間で良いので炭水化物を通常より減らしてみて欲しい。

それが第一歩だ。

 

小さな一歩かもしれないが、即効で効果を感じることが出来るだろう。

あとはその成功体験を元にアナタが次の成功を重ねたいかどうかだけなのだ。

 

3日が1週間となり、1ヶ月、半年となれば人生が大きく変わるだろう。

やるかどうかはアナタ次第。

 

まずは騙されたと思って一歩を踏み出して欲しい。

世界が変わることを約束する。

 

 

 - ダイエット

336

336

  関連記事