サラリーマンのネタ帳

*

搭乗記!ヒースロー空港BAファーストクラスカウンターを利用!

      2016/12/10

baファーストクラスチェックインカウンター

ヒースロー空港のブリティッシュエアウェイズ(BA)ファーストクラスカウンターを利用させてもらいました。

 

国際線のネックは搭乗するまでに色々と手続きが多いこと。

チェックインをし、手荷物を預け、保安検査と出国手続き。やはり国内線とは労力が全く違います。

 

しかも一般カウンターだと長蛇の列をつくっていることもあり、通常出発の2時間前には空港に到着しておいた方がよいといわれます。

そんな中、ファーストクラスカウンターだと利用客は限りなく少なく、手続きもスムーズ。

スタッフさんも各社上位の方をアサインしてますので、ストレスを感じることは皆無でしょう。

 

今回もさすがファーストクラスカウンター、あっさり手続き完了です。

 

フライトはヒースロー空港(LHR)から羽田空港(HND)まで。

フライト時間は12時間ちょっとで、利用したのはエコノミー席なんですがね、カウンターだけファースト(笑)

搭乗記!ブリティッシュエアウェイズ(BA7)機内食を写真付紹介!

 

しかし、さすがヒースロー空港ですね。ファーストクラスカウンターの大きいこと!!

出発ターミナルの端っこにあるのは改善して欲しいですが、その広さはすごいです。

 

冒頭の写真のように、カーブを描いた壁沿いに「いくつものカウンター」があります。

そもそもファーストクラスカウンターというのもありますが、これだけあれば「列を作って待つ!」ということは無いでしょうね。

 

ファーストクラスのサイン(看板)もデカイので、間違えることもなさそう。

カウンターは出発ターミナル進行方向にむかって右端にありますよ。

 

では早速、搭乗記としてご紹介しましょう!!

 

スポンサードリンク

 

ワンワールドエメラルド

ba搭乗券

利用クラスはエコノミー席です。

それでもワンワールド・エメラルド会員なのでファーストクラスカウンターが利用できます。

搭乗券にもしっかり「EMERALD(エメラルド)」の表示がありますね。

ほんと恩恵が素晴しく、毎度助かっています。

ワンワールド(oneworld)とは、

世界各国の航空会社15社が連携してマイルやラウンジサービスなどを提供しているグループです。

航空会社は違ってもステイタスを保持していれば上質なサービス(優先カウンターやラウンジなど)のサービスを受けることができます。

日本では日本航空がワンワールドメンバーとなっていて、ブリティッシュエアウェイズもワンワールドメンバーの一社

国内線で獲得したエメラルドであっても、こうやって国際線でも使えるのはありがたいですね。

JAL(jmb)ダイヤモンド会員を修行なしで取得!!特典を紹介!

 

BAファーストクラスカウンター

baファーストクラスチェックインカウンター入口

エントランス・デスク(入口)でパシャリ!一枚いただきました!

スタッフさんも「First」の文字が映るよう、少し下がってくれましたよ。

こういった気遣いも嬉しいですね!

 

baチェックイン

手続き中に振り返って一枚。

ファーストクラスカウンターには当然、長蛇の列はありません

ファストトラック

baファストトラック

手続きが完了したらそのまま「ファストトラック」から手荷物検査にむかいます。

カウンターの脇からほぼ直結なのですごい便利ですよ。

もちろん列をなしてることもありませんしね。

 

サクッと手荷物検査を済ませ、BAラウンジに向かいましょう。

さすがの国際線ラウンジ。ゆったりと出発間際まで上質な時間を提供してくれます。

ヒースロー空港ターミナル3「ブリティッシュ・ラウンジ」徹底解説!

 

簡単にまとめると、

  • 出発ターミナルの端っこ(右端)にファーストクラスカウンターあり!
  • サクッとチェックイン可能!
  • 手荷物検査もファストトラックへ一直線!!

こんなとこでしょう。

 

ほんとストレスなく搭乗口までいけるエメラルドはありがたい限り。

しかも出発までラウンジまで使えるとなると手放せないステイタスですね。

それでは良いフライトを!!

 - 飛行機

336

336

  関連記事