子連れ仁川乗り継ぎ空港泊|ターミナル2のおすすめホテルはここ

トランジットホテルロビー

今度、子連れで仁川乗り継ぎするんだけど、おすすめホテルはある?

夜遅くて朝も早いフライトだから楽に泊まれるところがいいな。

 

こんな悩みにお答えします。

 

結論から言いましょう。

 

子連れで仁川乗り継ぎするときはインチョン エアポート トランジット ホテル ターミナル 2絶対おすすめです。

理由は次の通りです。

 

  1. 入国審査(制限エリア内にある)が必要ないのですぐにベットに入れる
  2. ホテルを出たらすぐに搭乗口だからギリギリまで過ごせる
  3. チェックイン、チェックアウトが楽チン

 

とにかく総じて楽チンというのが最大のおすすめポイントです。

 

特に子供がいたらなかなか夜遅くや朝のフライトって気を使うじゃないですか。大人だけなら何とでもなりますが子供がいたらそうはいきません。

 

ちょっとしたことで子供は熱を出したり体調を崩したりしますからね。そうなったら、せっかく旅行でテンション下がりますよね。

なのでそうならないために極力こどもには無駄な体力を使わせたくありません。

 

そんなことを全てクリアするのが今回おすすめするインチョン エアポート トランジット ホテル ターミナル 2です。

 

実際、子連れ家族4人で宿泊してきたのでご紹介したいと思います。

 

おすすめポイント①:すぐにベットに入れる

ダブルベット

仁川に到着したらそこはホテル。と言っても過言じゃないくらい楽チンです。

到着したあと乗り継ぎ(Transfer)の看板通りに進んでいきます。

乗り継ぎサイン

乗り継ぎ手荷物検査を終えたら3階に上がって、搭乗口252番を目指します。

そこまで来たらエスカレーターで4階に上がればそこはホテル。

252搭乗口

今回も飛行機を降りてから20分以内でホテルにチェックインしてましたからね。

 

そこからシャワーを浴びて1時間も経過しない中でフカフカのベットへ。

このスピード感はインチョン エアポート トランジット ホテル ターミナル 2以外にありえません。

 

空港の外のホテルの場合、一度、入国手続きが必要になります。混雑時だったらその手続きだけでそれぐらいの時間がかかってしまいそうですからね。

これでは子供ばかりか親の方もグッタリ来てしまいそうです。

おすすめポイント②:ホテルを出たらそこは搭乗口

トランジットホテルロビーからの眺め

飛行機を降りてからそれぐらいなんで、当然、飛行機に乗るときも同じ。と言うかこちらの方が楽チンです。

なぜなら手荷物検査か搭乗手続きがないからです。

上の写真はトランジットホテルロビーからの眺めです。降りたらすぐに搭乗口に行けることが分かってもらえるとおもいます。

 

乗り継ぎ中にたまたまホテルに泊まっているという扱いなので当然そうなりますよね。

なのでギリギリまでホテルの中で過ごすことができます。

おすすめポイント③:チェックインとチェックアウトが楽チン

トランジットホテル受付

英語ができないから、、、と不安な方もいると思います。

ですがインチョン エアポート トランジット ホテル ターミナル 2のスタッフさんは丁寧で優しいです。

予約したことが分かる紙とパスポートがあればチェックインは意外と簡単です。あと、乗り継ぐ前の到着便と出発便の2つの搭乗券も準備しておきましょう。

チェックイン時に準備しておくと便利なもの

  1. 予約したことが分かる紙
  2. パスポート
  3. クレジットカード
  4. 到着便の搭乗券
  5. 出発便の搭乗券

 

また翌日のチェックアウト時間とモーニングコールが必要か?聞かれますのでそのつもりで準備しておきましょう。

チェックイン時に聞かれること

  1. チェックアウト時間
  2. モーニングコールが必要か?

 

英語に不慣れでも心構えしておくだけで全然違いますよ。

チェックアウトが驚きの早さで完了

またチェックイン以上に簡単なのがチェックアウト。

これは本当に楽チンでルームカードキーを渡せばそれで終了。

 

that all ok(すべて終わり)の一言でチェックアウト完了です。

 

10秒も必要なかったですから。

 

こんな感じで体調の崩しやすい子連れ家族にはおすすめのホテルです。

 

到着したらすぐに横になれるというのは思った以上に最強ですよ!

7時にチェックアウトしなくても良い!

予約した際の明細(バウチャー)には7時チェックアウトとの記載がありました。

なのでてっきり12時間ユースだとしてもその時間までにチェックアウトが必要なんだと考えていましたが、そうではありませんでした!

12時間ユースであれば文字通り、チェックインしてから12時間後までにチェックアウトすればOKです。

例えば今回のわたし達で言うと21時にチェックインしたので、翌日の9時がチェックアウトのリミットとなります。

チェックアウトのリミット時間(例)

21時にチェックイン→翌日の9時がチェックアウトのリミット

 

出発便の時間に合わせて調整できるのはありがたいです。12時間もあれば、翌日の出発時間にもよりますが、8時間の睡眠は余裕で確保できますし、子供たちの体力回復にも問題ありません。

無料Wi-Fiも当然のように飛んでいますし、翌日の情報収集などもバッチリできます。設備的にはシンプルですが、寝るだけなので問題ありません。

 

こんな感じでとにかく、出国と入国手続きがないのがいいです!

到着したらすぐにベット。そして出発ギリギリまでベットの中。そんな夢のようなことを可能にしてくれるのがインチョン エアポート トランジットホテル ターミナル2です。

インチョン国際空港には無料で横になれるスペースもありますが、子連れだとちょっと心配ですからね。そんなときはぜひ、このホテルを利用しましょう!

沖縄旅行はスカイレンタカーがおすすめ! レンタカー

沖縄でレンタカーを借りたい!でもどこのレンタカー会社にしたら良いの?

迷っているなら「スカイレンタカー」がおすすめです。

全国展開していながら価格も安価でサービスも素晴しいです。返却時の手続きもすごく簡単です!

>>スカイレンタカーの「申込み」はこちら!<<

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドーミーイン札幌プレミアムの朝食は天国!オススメする3つの理由。

【決定版】年100泊する私が教えるビジネスホテルの選び方

guam

【子連れグアム家族旅行】ホテルはヒルトンをおすすめする5つの理由

宿泊記!ドーミーイン鹿児島に宿泊しました。夜鳴きそばが無料!?

【高知県・室戸市】落ち着く港町の宿「太田旅館」に宿泊

アートホテルズ旭川の朝食バイキング紹介!最上階からの眺望も最高!