サラリーマンのネタ帳

*

【札幌・やまか】極うまっ!炭火焼き「ジンギスカン」を頂く

      2017/04/16

yamaka

あなたは札幌ススキノにある「やまか」というお店をご存知だろうか?

実は場所的に言えば同じジンギスカンで大人気「だるま」さんのすぐ横に位置しているのだ。

 

しかしこちらだって負けていない。「やまか」さんも炭焼きで極上ジンギスカンを頂くことができるお店だ。

早速ご紹介したい。

 

今回伺ったのは平日の20時過ぎ。

店内はカウンター8席、ボックスが4席×4つと非常にこじんまりしている。

満席ではあったが丁度会計中のお客さんがおり、さほど待たずにカウンター席に案内されたのだ。

 

店内は観光客もいたが、通い詰めてる地元のお客さんも多いようだ。

カウンターの隅に陣取って、地元昔話に花を咲かせているようだ。

 

スポンサードリンク

 

●七輪

yamaka-shitirin

まずはビールをオーダーし、乾杯。そしてほどなくして運ばれてきたのが一台の七輪。

柔らかい温かみを放っている炭がなんとも落ち着く。見ているだけで心休まるのだ。

 

●盛り(生ラム・肩ロース2種)

yamaka-ramu続いてオーダーしたのは「盛り(1300円)」。生ラムと肩ロース2種と楽しめオススメだ。

 

yamaka-ramu01炭焼きジンギスカン鍋の上で焼く。新鮮なラム肉の放つテカリが最高だ。

 

yamaka-ramu02ラム肉を甘めのタレにつけて、一口運びぶ。驚くことに臭みは一切ない。ジンギスカンはどうも臭みが。という人にも食べて頂きたい。口の中一杯に肉の甘みがゆっくり広がるのだ。これはうまい。

 

●スペアリブ

yamaka-lib続いてスペアリブ(1本400円)をオーダー。

見ての通り、ボリュームがやばい。そして柔らかい。さらに言うと、肉と脂のバランスが絶妙なのだ。

 

今回はサクッとビール2杯と盛り、スペアリブを頂いてきた。そのどれもがレベル高くジンギスカンの常識を覆すものだった。

東京でもそれなりにクオリティの高いジンギスカンを出すお店は増えてきたが、それでもここまでの物はなかなかお目にかかれない。

 

だるまさんももちろんいいが、ゆっくり食べるなら「やまか」さんをオススメする。

必ずあなたを満足させるだろう。

 

 - グルメ

336

336

  関連記事