簡単!!車検費用の比較は「カーセンサー」がおすすめ!!

vehicle-inspection

車を維持するために欠かせない事。そう、車検だ。

2年おき(新車購入初回は3年)にやってくる面倒だ。

 

車は運転するが、車検の事は良く分からない。そういう方も多いのではないか。

どこで車検を受ければ良いのか?ガソリンスタンドや近所の整備工場でも受けれるようだが。実際の費用はどうなのか?

 

しかし、安心して欲しい。そんな悩みを一発で解決するサイトがあるのだ。

それは「カーセンサーの車検一括見積」だ。

※いろいろ調べたが、【価格.com自動車保険】 も同じようなサービスを展開しているようだ。

 

概算の見積もりを取るだけなら「自宅の郵便番号」と「車のメーカー・車種」の2項目を入力するだけ。

それだけで近所の整備工場から見積もりを取ることができるのだ。ここまで簡単で利用は無料。

 

あとは概算見積もりを比較して、直接整備工場と交渉するだけなのだ。

今回、わたしもこのカーセンサー車検一括見積もりを利用してみたが非常に簡単で使いやすかった。

 

しかも整備工場によってその費用は大きく異なり、結果節約にも繋がったのだ。

 

 

●カーセンサー

carsensor-top

カーセンサーの車検一括見積もりにアクセスしたらトップページより「郵便番号」「メーカー・車種」を入力するだけ。

これだけで自宅から近場の車検工場より概算の見積もりを見ることができるのだ。

 

carsensor-estimation

自宅から近い順に「整備工場」と「車検費用の目安」が表示されるのだ。非常に便利。

見てもらえば分かるが、整備工場によって費用はまちまち。

あとは自身で比較して直接「お問い合わせ」ボタンより連絡をするのだ。

 

●ENEOS(エネオス)で車検

eneos

今回わたしは近所のエネオスで車検を受けることにした。

理由は下記の2点。

カーセンサーの概算見積りが比較的安かった

・自宅から近かったこと

 

見積りの費用もそうだが、自宅から近いことも決めての一つとなった。遠方であれば安いところはいくらでも見つかる。

ただ、そこまで行く時間や手間を考えると金額で計れないところもあるのだ。しかもENEOSというのも安心。

 

eneos-estimation

実際店舗へ車を持ち込み、正式に見積りを出してもらった。

①法定費用(自賠責や税金など)はどこの整備工場でも変わらない。金額の違いがでるのは②車検諸費用(車検検査費用)と③整備費用(部品の交換など=任意)だ。

 

見積りを出して貰い、説明を受けたあと値引き交渉をして即決。

今回はタイヤ交換(新車購入後7年、一度も交換していなかった。)もあり、③整備費用が膨らんだ形だが、担当の方の対応も気持ちよく納得しての即決だったのだ。

 

●車検終了

new-tire-enasave

前日入庫して翌日返却。

タイヤも新品になって愛車が返却されてきた。後日、車検証は郵送されて来るとのこと。

 

今回わたしは費用だけでなく自宅からの近さも比較対象に入れた。それはわたしの基準だ。

比較対象は人それぞれだろう。しかし、これだけ簡単に一括の車検見積りが取れるサービスはありがたい。

 

是非、車検費用・整備工場でお悩みならカーセンサー車検一括見積りを使うことをオススメする。

きっとあなたにピッタリな整備工場が見つかるだろう。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中古車一括買取査定

かんたん!楽天「中古車一括査定」サービスが便利!デメリットも1つ

【鎌倉周辺の駐車場事情】おすすめの駐車場と利用方法とは?

エアウェイブ車検費用

実際の費用公開!新車9年目ホンダエアウェイブの車検費用はこれだ!

簡単!!5分で完了する「キーレスエントリー」の修理方法。

注意!自動車税をクレジット払いすると納税証明書が発行されない。

チューリッヒの「自動継続特約」を簡単に解約する方法。