【カナダ・セントジョン】おすすめロブスターはここで食べろ!!

IMG_8740-0.JPG

カナダの港町・セントジョン。ここに来たら是非行きたい場所がある。

と言うかこれを食べなければセントジョンに来た意味が無いのだ。

 

それぐらいマストなお店がここにはあるのだ。

その「お店&食べ物」とは何か!?

 

そう、「ロブスター」だ。

ここ、セントジョンは港町だけあって海産物が豊富だ。その中でもロブスター養殖が盛んで、港には養殖用の籠があちらこちらに積まれていたのだ。

 

そのロブスターを食しに訪れたのが、今回の「Steamers Lobster」なのだ。

ここはセントジョンの観光リーフレットにも登場するお店で、豪快にロブスターを頂きたい観光客は間違いなく訪問するお店なのだ。

 

ご他聞に漏れず、私もまっすぐに訪問してみた。

 

 

●ロブスター

IMG_8732-0.JPG

店内に入ると早速、目の前にロブスターが。生簀の中には新鮮なロブスターがたくさん。

そして丁度、ロブスターを取り出す最中であった。期せずして、ロブスターと即対面。入店直後からテンションはMAXに。

 

IMG_8733.JPG

大量のロブスター。この中に20匹程度はいるだろうか。

ピッカピッカの活きのいいロブスターなのだ。ハサミは縛られているので少しは安心。

 

 

●メニュー

IMG_8739.JPG

反射して申し訳ないが、こちらがメニュー表だ。

単品で頼むこともできるが、折角なのでコースメニューを注文した。

 

コースはメインのロブスターの他、パンにスープ、ムール貝が付くというので期待が高まる。

 

 

●セットメニュー($50-くらい)

IMG_8738.JPG

まずはパンとスープ。これがまた旨し。特にスープはアサリたっぷりで旨みが凝縮されていた。

スープと言うより粘土も高く、ポタージュに近い感じ。パセリとの相性もピッタリで冷えた身体に染み渡るのだ。

 

IMG_8737.JPG

ボリューム満点のムール貝の酒蒸し。柔らかくホクホクの身が最高。

メインのロブスターを待つ間、頂く。本当にボリュームがあって食べても食べてもなくならない。なかなかバケツの底が見えないのだ。

 

IMG_8736.JPG

来た、お待ちかねのロブスター。この存在感は尋常じゃない。

殻を割るためのペンチも一緒に運ばれてきた。そんなに硬い殻なの!?と少々不安になったが、実際は手でも剥けるのでご安心を。

 

いやーその大きさも驚きだったが、味も良い!!見た目は大味だが、意外にも繊細な味なのだ。

下手にカニを食べるより私はこっちの方が好きだ。

 

 

●店内

IMG_8735.JPG

店内はウッド調で固められ、港町のレストランそのまま。

 

IMG_8731.JPG

調理場にはどでかいロブスターのオブジェが。

 

IMG_8734.JPG

各所に漁や船道具がディスプレイされ、テンションは上がりっ放しなのだ。

 

IMG_8730.JPG

これがこのお店のロゴ。可愛らしく作成されており、愛着が湧くのだ。

実際、このロゴを配したグッズ(Tシャツなど)も販売されており、一つお土産で購入して帰った。

 

セントジョンは小さな街だ。そんな中、飲食店は港界隈に集中している。そしてその中にあって、ひときわ異彩を放つレストランがこの「Steamers Lobster」なのだ。

セントジョンに着いたらまずはこのお店に行くのだ。話しはそれからなのだ。

 

【注意】

公式ホームページによると冬季期間は閉鎖されており。5月からオープンする予定のようだ。

 

 

沖縄旅行はスカイレンタカーがおすすめ! レンタカー

沖縄でレンタカーを借りたい!でもどこのレンタカー会社にしたら良いの?

迷っているなら「スカイレンタカー」がおすすめです。

全国展開していながら価格も安価でサービスも素晴しいです。返却時の手続きもすごく簡単です!

>>スカイレンタカーの「申込み」はこちら!<<

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人生ナンバーワン!桃の常識が覆った「部谷桃園」の桃。

開楽

池袋カフェ風中華「開楽」!通常の5個分はあるジャンボ餃子は必見!

渋谷おしゃれ居酒屋キミドリ!外人率高い「立ち飲みバー」は安い!

かんたん人気レシピで激ウマ!R25の手羽先の白湯鍋を作ってみた!

葉山町おすすめランチ!あじ平長柄店の「アサリラーメン」が絶品!!

伊丹空港の夜は、蛍池の「ホルモン焼き・みはる」がオススメ!