いきなり正社員になるのが怖い!それなら「紹介予定派遣」で様子を見てからでも遅くない理由。

紹介予定派遣(しょうかいよていはけん)という制度を知っていますか?

中身は知らないけど、名前だけは聞いたことある!という方も多いのではないですかね。

 

簡単にいうと「ある一定期間(最長6ヶ月)派遣として働いた後、直接雇用(正社員or契約社員)を結ぶことを前提とした派遣」なんです。

例えるなら「結婚を前提にお付き合いしましょう!」的な感じですかね。違ったらごめんなさい。

 

最近の正社員の退職事例を元に「紹介予定派遣という制度」について考えてみましたよ。

よければお付き合い下さい。

いきなり正社員は危険!?

hand

正社員になりたい!

なんで「同じ労働」を提供しているのに正社員と派遣ではここまで給料が違うんだ!

と感じている方は多いと思います。むしろ派遣の方のほうが、生産性が高く、優秀な能力を持っている場合すらありますよね。そんな状況を何度も見てきましたから。

ただ、いざ正社員として採用されたけど、社風や職場環境が合わず数ヶ月で辞めてしまうという事態は避けたくありませんか?企業側としても多額のコストをかけて採用したのが全てパーになってしまいます。そうなると労働者も企業もハッピーではありませんね。でも、そういう事態が多く見受けられるのが実際のところです。

面接の難しいところ

coffee

最近、多くの採用担当者の方と話す機会があるのですが、

「中途で採用しても2ヶ月で辞めてしまった。理由を聞くとこんな条件のはずじゃなかったと。(面接時に採用条件を伝えているのに、いざ働き始めると条件が合わなかったと。)」

「仕事の内容が自分に合わなかったので辞めたい。」

などと辞めていく人間が後を絶たないようです。面接時にはあんなにハキハキしていて優秀な人材だと思ったのに、いざ働くと全く違ったなんて声も聞こえてきますし。

 

まぁこれには運もあって仕方ないところもあります。

だって面接という短い時間の中で、お互いの情報を完璧に交換し合うなんて正直、無理ですからね。伝えきったと思っても相手が理解していなかったら意味がありませんし。

逆に面接を受ける側についても、口下手だったり、あがり症だったりすると自分がアピールしたいことの半分も伝えられなかったりします。むしろ自分より能力が低いにも関わらず口の立つ人間に先を越されてしまうのです。

 

そんな状況を解決するための「紹介予定派遣」。

これってなかなかいい制度で双方にメリットがあるんじゃないでしょうか。

労働者側のメリット

  • 面接では伝えきれない実際の仕事ぶりや人柄を見てもらえる。
  • 正社員になる前に社風や労働環境を確認できる。
  • 嫌なら辞める。

企業側(採用側)のメリット

  • 面接では分からない実際の仕事ぶりや人柄を見れる。
  • 合わなければ採用しない。

 

うん、列記するだけでもいい制度です。

一昔前だと、

「働き始めたのに数ヶ月で辞めるなんて何事だ!」

「石の上にも三年」

など長く勤めることが良しとされてきました。もちろん完全に否定するわけではありませんが、その考えってもう古いです。

職場環境が合わないのに我慢してまで続ける必要はないんですよ。合えば続ければいい。合わなければ辞める。それでいいんです。

無理に自分を合わして最悪病気になったらどうにもなりませんからね。そっちの方が社会復帰できなくなります。であれば、お互いにメリットのある「紹介予定派遣」で確かめ合いながら働く。

それでいいじゃないですか。

最近だとフリーターから正社員就職を支援してくれる「ハタラクティブ」が人気ですし、同じハタラクティブでも「第二新卒に力をいれたプログラム」もあります。

また会計や経理に特化した求人が豊富な「ジャスネットスタッフ」なんかもあったりしますよ。

さらには働きたい子育てママ必見の「ママワークス」もあったりと求人は思ったより豊富なんです。

 

何も高校・大学を卒業して新卒で正社員になるだけが道ではないんです。色んな働き方が今はありますね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

給料が安い。それは人生を逆転させる為にはチャンスかもしれない。

本気ならどうぞ!人生を変える為に誰にでもできること。

マジ?実は仕事した時間は2割だけ。

目を逸らすな!!消費するだけの人生に意味はない。

いまの状況が苦しければサッサと「転職」するべきですよ。それが出来ないのは何かある...

そこまで効くか!体臭を消す方法