住宅ローンは住信SBIネット銀行「当初引下げプラン」がおすすめ!

住宅ローン

住宅ローン

金利上昇のリスクを取りたくない!というあなたにオススメする住宅ローンがあります。

それは住信SBIネット銀行「当初引下げプラン」です。

 

2016年は、自分たちの親世代では考えられなかった空前の住宅ローン低金利が続いています。

 

変動金利では0.568%(2016年5月1日現在)を打ち出している銀行もありますから驚きです。

これは3,000万円借入れ、35年ローン(ボーナス払い無し)を組んだとしても利息が3,087,614円しか付かない計算になります。

35年も借りてですよ。

 

もちろんあくまで計算上なので、金利上昇のリスクなどは一切考慮していません。それでもありえない数字ではないんですよね。

 

そんな中、無数にある住宅ローンプランからどれを選べば良いのか?

これは物件選びより迷うことではないでしょうか?

 

だれも将来は予想できませんし、今の時代、自分だけは安泰だなんていい切れませんからね。

ましてや変動金利で組んでしまったら金利上昇のリスクは自分で取らないといけません。

こんなはずじゃなかった!と10年後に嘆いても誰も助けてくれません。

 

そんなあなたにおすすめしたいのが住信SBI銀行の住宅ローン「当初引下げプラン」です。

早速ご紹介したいと思います。

 

金利上昇リスクもなく、低金利の恩恵に預かれる。

おすすめの住宅ローンです。

 

 

「当初引下げプラン」をおすすめする理由

家計簿

まず、住信SBIネット銀行の住宅ローンの2大プラン「通期引下げプラン」「当初引下げプラン」の違いから説明しておきましょう。

実際、通期引下げプランとは?当初引下げプランとは?と似たような名称でその違いを理解されてない方が多いと思います。

「通期引下げプラン」とは、借入全期間において基準金利から一律金利を引下げるプランのこと。

「当初引下げプラン」とは、当初の特約期間を重視して基準金利から金利を引下げるプランのこと。

なんです。

といっても理解は難しですよね。どちらも同じじゃないの!?と感じられても不思議ではありませんし、自然な流れだと思います。

どちらも「当初決めた借入れ期間については、一律金利を下げますよ!」と言っているのですから。

 

ではどちらも一緒なの!?と考えるのは違います。

「通期引下げプラン」は、変動金利の下げ幅が大きく、固定金利の下げ幅が小さい。

「当初引下げプラン」は、変動金利の下げ幅が小さく、固定金利の下げ幅が大きい。

のです。

 

具体的に見ていくと、

「通期引下げプラン」

変動金利:-2.207%

固定金利:-1.3%

「当初引下げプラン」

変動金利:-1.8%

固定金利:-2.58%(期間によって若干変動あり。)

なのです。

 

基準金利はプランが違ってもそれぞれの期間で一緒ですから、下げ幅によって適用される金利も変わってきます。

 

どうでしょう。こう見ると「通期引下げプラン」は変動を選ぶ人「当初引下げプラン」は固定を選ぶ人といった傾向が見えてくると思います。

そんな中、わたしがおすすめするのは「当初引下げプラン」です。

なぜか?その理由を「住宅ローンを選び切れない思考」から探っていきましょう。

 

住宅ローンを決められない思考(決め方)

返済イメージ

では、なぜ数ある住宅ローンの中から自分にあったものを選び切れない(決めきれない)のでしょうか?

ちょっと考えてみたんですけど、こんな思考になってませんか?

  • 利息1円たりとも他の住宅ローンに負けたくない。
  • 変動金利で組みたいけど、金利上昇は怖い
  • 固定金利にしたいけど、変動金利より高い

これではいくらたっても決めることはできません。

 

誰だって損はしたくないです。人間は得よりも損を怖がる生き物です。

だからと言って、自分が一番損をしない(得をする)住宅ローンを探していても一生見つかりません。

 

住宅ローンは、数十年後、返し終わって初めてどの住宅ローンが一番得だった・損だったを判断できるものなんです。

金利の変動もありますし、ライフスタイルの変化、繰上げ返済の有無だって借りる当初から正確に予想できる人なんていません。

それをあーだこーだ言って、当初から完璧を求めるのはナンセンス。

 

また、変動金利にしたいけど金利上昇のリスクを取りたくないというのもどうでしょう?これも自分都合ですよね。

金利の安い今はその恩恵に預かりたいけど、上昇するのは嫌というのは虫が良すぎます。それなら固定金利を選ぶべきなんです。

だからといって固定金利は変動より圧倒的に金利が高いし・・・。という思考がグルグルと周ってはいませんか?

 

図星だというあなたには、上述したように住信SBIネット銀行「当初引下げプラン」を全力でおすすめしますよ。

数字だけ見たら固定金利より高いですが、それでも歴史上から考えればじゅうぶん低金利なんです。まずはそこを理解しましょう。

 

そしてそれを固定で借りられ、金利上昇のリスクもない!という思考に持ってこれれば、これほど良い住宅ローンはないと思います。

その中で繰り上げ返済していけばいい!という考えで良いはずです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マンションを買わない人も「モデルルーム」が勉強になる理由。

住信SBIネット銀行の「当初引下げプラン20年」を選択した理由

ルーター

即電話!ギガマンション・スマートタイプ全戸加入プラン繋がらない!

住宅ローン

土地等に関する事項(マンション購入)書き方!確定申告の初年度

新築マンション引越し!幹事会社を利用すると一番有利(一斉入居編)

住信SBIネット銀行「通期引下げプラン」と「当初引下げプラン」違い解説!!