【オランダ旅行記】驚愕のイングリッシュ・ブレックファースト。

IMG_1960.JPG
アムステルダムの街には、イングリッシュ・ブレックファーストを提供するお店が非常に多い。

街を歩けばそこら中でカフェが展開され、ほぼ間違いなくイングリッシュブレックファーストがオーダーできるのだ。

オランダでイングリッシュ!?と思いながらも頂いてみた。そして驚愕。

ただのモーニングだろうと考えていたら痛い目にある。ボリュームもさることながら、兎に角驚くほど美味しいのだ。

トーストに目玉焼きを乗せて食べる。日本でもそんなにやらない事をここオランダでやっている自分が不思議だ。気分はラピュタの“パズー”気分なのだ。

そんな朝から驚愕体験をさせてくれるお店こそ、アムステルダム中央駅にほど近い、ALL STARSなのだ。



●イングリッシュ・ブレックファースト(標準)

IMG_1956.JPG
これがイングリッシュ・ブレックファーストの標準サイズだ。これにお好みのドリンクが付く。

これだけのボリュームでベーシック(Basic)。値段は4.85ユーロだ。

これよりワンランク上にフルサイズ(Full)があるのだ。一体どれくらいのボリュームか分からないが、メニューによるとベーコンが増えるようだ。

朝からタップリの人は食べてみて貰いたい。

IMG_1955.JPG
パンにバターを付け、目玉焼きを乗せて食べてみた。正直、美味い。美味すぎなのだ。

他のお店でも感じたが、オランダのパンは、海外にありがちなパサパサしたパンではなく、どちらかと言えば日本寄りだ。

しっとり感があるのだ。

そんな美味しいパンに目玉焼き。最高なのだ。

IMG_1954.JPG
2枚目も同じように頂いた。
今度はペッパーを多めに。

●コーヒー

IMG_1957.JPG
コーヒーもジャンボサイズでデカイのだ。

IMG_1953.JPG
いいとこ飲んだかなぁと思ってもまだこれだけある。

IMG_1952.JPG
隣は追加で頼んだレギュラーサイズのコーヒーだ。

これを比較しただけでもどれだけ大きいか一目瞭然だろう。


●メニュー

IMG_1959.JPG
メニューはこんな感じ。どれを頼んでもボリューム満点そうだし、日本の感覚でオーダーすると痛い目に合うだろう。


●店内

IMG_1962.JPG
店の奥から入口方向を撮った写真だ。
朝食にしては気持ち遅めの時間だったので店内は割と空いていた。


ここまでしっかりとした朝食を取れるとは思わなかった。それだけに感激した自分がいるのだ。どうせ海外の朝食なんて味気ない。そんな感覚は捨てるべきだし、そう思わせてくれるお店だった。

アムステルダム中央駅で朝食に迷ったら是非、ALL STARSへ。

必ずあなたも大満足するだろう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【オランダ旅行記】感激の旨さ!本格・四川料理「福禄」へ行くべき。

【オランダ旅行記】アムステルダム「Pizzeria Marco Polo Ste...

【オランダ旅行記】アムステルダムでゆったり飲むなら「Cafe Oporto」がオ...

【オランダ旅行記】オランダ鉄道の乗り方と切符の買い方を紹介!!

【オランダ旅行記】アムステルダムで日本食!KYOTO-SUSHI

【オランダ旅行記】アムステルダム・トラムの乗り方(詳細版)