初!!飛行中のネット利用「JAL SKY Wi-Fi」を利用した。

IMG_9486.JPG
ついにここまでやってきた。そう機内でインターネット接続が可能となったのだ。

技術的には勿論可能な事は分かっていた。そしてこれだけネット社会が進み、飛行中でもネット接続を楽しみたい!そういう要望も多かった事だろう。それが今回JAL国内線でも可能となったのだ。

ゆくゆくは無料になっていくだろうが、今は有料サービスとして展開されている。

料金体系などは下記を参照頂きたい。
JAL SKY Wi-Fi概要


この度、ダイヤモンド会員の特典としてWi-Fi電子クーポン(60分)を40枚頂いたので利用してみた。

ちなみにこのブログも愛知県上空から更新している。凄い世界だ。



●接続手順

IMG_1896.JPG
Wi-Fiの選択画面から「gogoinflight」を選択する。


IMG_1895.JPG
すると転送画面に移行し、アカウント情報とパスワードが求められるので、事前に登録した情報を入力するのだ。
※ちなみに無料コンテンツとJALホームページのみは無料で閲覧可能だ。


IMG_1894.JPG
接続中の画面。


IMG_1893.JPG
今回は電子クーポンを頂いたのでそちらから利用した。


IMG_1892.JPG
認証画面を経て正式に接続完了。何も難しいことはなく、手順に沿って進んでいくだけだ。



●接続後

IMG_1891.JPG
接続後、最初に表示されたのは現在の飛行位置であった。これによりGPSが正常に動いていることが確認できた。



●サラリーマンのネタ帳

IMG_1899.PNG
このように本ブログも雲の上で閲覧することができた。感無量である。



正直、まだまだ速度的に満足できるものではなかった。使用感としては陸上と比較するとストレスも感じるし、ちょくちょく切れる事も多い。

実際、飛行高度や衛星の切り替えなどの影響を受けるようで、画面上で接続が切れる事が案内された。
IMG_1900-0.PNG


それでも飛行機での移動中にネット接続できるメリットは大きい。これまではオフラインでしかできなかったことが機上で可能になるのは時間を有効に使えるからだ。

速度の問題もこれからどんどん改良されていくだろう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

京急線で羽田空港に行く「乗車位置」を解説!JALとANAで別車両

機内食を徹底解説!レベルの高い「国際線・国内線」機内食を公開!!

デルタスカイラウンジ

ラウンジ利用!中国南方航空とJAL(日本航空)コードシェア便

【搭乗記】全日空(ANA)で成田からシカゴへ移動してきた。

成田空港アクセスはこれ!私が「成田エクスプレス」を使う理由!!

中国東方航空

中国東方航空に搭乗してみました!機内食やエコノミークラス注意点