サラリーマンのネタ帳

*

簡単!冷凍プッチンプリンの作り方!夏休みにおすすめですよ!

      2016/08/12

IMG_7369.JPG

月刊誌「小学生一年生」を読んで、娘が“凍らせプッチン”を作りたいと言ってきた!

えっ、プリンを凍らせる?いやいやプリンはそのままが一番美味しいでしょー。という説得虚しく娘の強引さに負けスーパーへ買い出しに。

その一部始終をレポートしたい。

と言っても凍らせただけ。だが。

 

 

スポンサードリンク

 

 

●プリンを用意

IMG_7366.JPG

今回はBIGプッチンプリンを使用。柄の部分になるスプーンも用意。

IMG_7365.JPG

蓋を開けて。そのままでも十分美味しいのに。

 

 

●スプーンを刺す。

IMG_7364.JPG

スプーンを刺したが、重さで倒れてしまう。そこで、

IMG_7363.JPG

アルミを支え代わりにして蓋をしてみた。

 

 

●冷凍庫へ

IMG_7362.JPG

冷凍庫へ投入。小学生一年生では6〜8時間は凍らせることとなっていた。

冷凍庫へ投入したのが21時。そして取り出したのが翌朝8時なので11時間凍らせた事になる。

 

 

●翌朝取り出し

IMG_7361.JPG

特に絵的には変わってないが、翌朝8時の絵。

 

 

●カチカチ

IMG_7360.JPG

さすがにカチカチ。ご覧の通り、支えがなくともスプーンが立っている。

そして裏面のツメを折ってもカチカチで抜けない。

IMG_7359.JPG

IMG_7358.JPG

そこで側面を手で温めて抜いてみた。

 

 

●食べてみた。

IMG_7357.JPG

溶かしながら食べてみるとシャリシャリで食感はたまらない。これはGOOD!

しかし、味的には正直そのまま食べた方が好きかな。といった具合だ。

 

 

わざわざ凍らせて食べるほどではない。

勿論、まずい!というほどではないが、正直もう一度やろうとは思わないし、娘も同じような感想だ。

夏休みの話のネタ的には強くオススメだが、一度やればそれで十分だろう。

こう書くとやる人が減りそうだが、もう一度言おう。まずくはない!取り立てて美味しくはならないのが正直なところだ。

やはりプッチンプリンはそのままが一番美味しいのだ。

 - 子ども

336

336

  関連記事