サラリーマンのネタ帳

*

電車スポット!!武蔵小杉「東急スクエア展望デッキ」に行ってみた。

   

東急スクエア展望デッキ

電車大好きの息子と二人である場所に初めて行ってきた。

それは武蔵小杉東急スクエア4階の展望デッキだ。

武蔵小杉東急スクエア展望デッキ

 

ここは東横線始め、武蔵小杉駅に乗り入れる各車両が、真上から見られるのだ。それも無料で。以前から東急スクエアで電車を見れる場所がある事は知っていた。でも中々足が向かず、今回が初めての訪問となったのだ。

 

規模は大きくなく、こじんまりとしている。が、その分空いていた。

どんな感じだったか紹介したい。

 

スポンサードリンク

 

●ほぼ屋外

東急スクエア_展望デッキ

東急スクエアは複合商業施設だ。そして展望デッキは4階の一歩外へ出た所にある。言ってみれば屋外なのだ。

訪問した日は真夏の10時過ぎ。ガンガン太陽が照り付ける時間帯だ。正直、1歳半の子供を抱えてだと10分も見ていられないだろう。

 

ここで見るにあたっての必要リストを纏めてみた。参考にして欲しい。

・帽子
・水筒
・扇子若しくはうちわ
・汗拭きタオル

 

以上、真夏の必需品と言ってもいい。しかし忘れてしまうと痛い目に合うだろう。

今回は10時過ぎに行ったが、解放時間としては10〜21時。日が落ちてから行くのも狙い目だろう。

 

 

●東急9000系車両

武蔵小杉東急スクエア_壁面

展望デッキも一工夫されている。それは壁面に東急9000系車両の側面がそのまま貼り付けられているのだ。これは電車好きにはたまらないサービスだ。

実際電車好きの息子もデッキに入った瞬間、大興奮。

いつもは触れない車両に顔を押し付けていた。ここまで喜んでくれるとは。暑い中来た甲斐があったというものだ。

 

 

●見れる車両

 武蔵小杉東急スクエア_車両

 この展望デッキで見ることのできる車両一覧があった。

乗り入れも含め12車両だ。今回は猛暑の中だったので10分程しか滞在しなかったが、もう少し居れば全種類を見ることとが出来ただろう。

ちょっとダイヤを調べて狙っていけば短時間で見ることが出来るかもしれない。

 

 

●動画

 実際こんな感じで見える。

 


 

 

●中原図書館

中原図書館

実は東急スクエアには10時前に着いていた。しかし開店は10時。中に入れない。

猛暑の中、外で待つのか?

そんな時は隣接している中原図書館で一休みするのだ。

クーラーも効いて絵本も充実していた。

 

 

展望デッキは電車好きには堪らない場所だろう。ただ正直、ホーム屋根部分の隙間から見るような形だ。

もう少し、ワイドに見れるようになればもっと迫力があるのに。と感じてしまった。

 

それでも無料なので、是非子供を連れて行って欲しい。きっと喜ぶはずだ。

 - 子ども

336

336

  関連記事