サラリーマンのネタ帳

*

たった15分で到着!!桜島フェリーの乗り方はこうだ。

   

桜島フェリー

鹿児島市と桜島を15分でつなぐ桜島フェリーに乗ってみた。

なんとこの桜島フェリー、24時間運行しているのだ。そのコンビニ的な運航状況もそうだが、聞くところによると、日本一欠航の少ないフェリーなのだそう。

実際、今回の台風8号の最中、暴風域に入ってなお、運航していた。

驚きだ。

 

スポンサードリンク

 

 

●運賃は桜島港で

桜島フェリー_料金所

運賃は桜島港で支払うことになる。

桜島港発なら先払いだし、鹿児島港発なら到着後の後払いという事になる。

 

 

●うどん

桜島フェリー_うどん

船内にはなんとうどん屋さんがあった。

ええつ、船内でしかもこんな短時間で食べる人なんているの?
と思ったが、意外にも結構食べてる人がいるのだ。

所変わればいろんな人がいるものだ。

桜島フェリー_うどんを食べる

外の景色を眺めながら食べるのもよし、船内でテレビを見ながら食べるものよし。
今回はどちらのスタンスの方もお見かけしたのだ。

そしてあるテレビ番組で取り上げられたPOPを見ると、鹿児島市の人はこのうどんを食べるためだけに桜島フェリーにのるのだとか。。本当なのだろうか?

 

 

●車内に留まる

桜島フェリー_車内

基本、車を止めたら客室に上がるものだと思っていた。

実際、私は客室で過ごしたのだが、大半の人が車内に留まったまま。

毎日乗っている地元の人が大半なのだろう。20分しかない運航時間だ。イチイチ上がっているのも面倒なのだろうか。

 

 

●船内

桜島フェリー_船内

船内は明るく席数も十分だ。日中は10〜15分間隔で運航しているので、混む事は稀なのだろうか。

桜島フェリー_鹿児島市内

今回は車で乗船したが、人間のみだと片道¥160-と激安だ。ほんと鹿児島市民の足として活躍しているのだろう。

そしてこれだけ激安だと、うどんを食べるためだけに乗船。というのも頷ける。

ちょっと桜島まで。なんて気軽に乗れるフェリーなのだ。

 

 - 旅行

336

336

  関連記事