羽田空港ダイヤモンド・プレミアム・ラウンジ

20130224-091907.jpg

 

ダイヤモンド・プレミアム・ラウンジは最高だ。

ダイヤモンド・プレミアム・ラウンジ

 

以前、上司のステータスで一緒に入れて貰ったことがある。その時は。初めての空間で驚いたし、こんなラウンジが羽田空港内にあることさえ知らなかった。私を含め、一般の人はダイヤモンド・プレミアム・ラウンジがあることさえ知らないのではないか?

まず、エントランスからして違う。一般の人が長蛇の列を作って手荷物検査を受けるのに対し、ファーストクラス専用のエントランスを使うのだ。羽田空港第一ターミナルの北と南にそれぞれ一箇所ずつそのエントランスはある。

そこを入ると専用の手荷物検査場があり、抜けるとラウンジに直結と言うわけだ。

 

これまでの手荷物検査は一体なんだったと思うほどサクサク済んでしまう。

 

そして今回。先日、当ブログでも紹介したキャンペーンで資格をGETしたので一人で行ってきた。

 

 

●ダイヤモンド・プレミアム・ラウンジ内部紹介

20130224-091944.jpg

 やはり気持ち的には最高だった。誰もが特別に迎え入れられ。広々とした空間におそよ空港とは思えない人の少なさだ。

そして、ビールをはじめ、ソフトドリンク、コーヒーがフリーサービスなのだ。

まぁここに入る方々はそんなので喜ばないのだろうが、私は普通のサラリーマンである。それだけでも十分嬉しい。

20130224-092058.jpg

 

●軽食(パン・おにぎり)

時間帯や季節によれば、パンやアイス、軽食が準備されていると聞いていたが、今回はなかった。

朝・昼・晩の時間帯に置いてあることが多いようだ。また、発売前のドリンクやお菓子なども随時置いてあり、その一つずつを好きなだけ頂くことができる。

すべてがフリーの空間。それがダイアモンド・プレミアム・ラウンジだ。

 

手荷物検査場も一般とは異なり、専用の検査場。

ここだけの話し、実は入り口に自信がなく、係りのお姉さんに聞いてから入場した。

 なんたって初めての経験だ。

 

本当はもっと写真を撮りたかったが、ラウンジの空気がそうさせない。

自粛した。

 

※2014年4月15日再編集

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

徹底解説!JAL国内線ファーストクラス新千歳-羽田の機内食紹介!

メリットは無限大!JAL国内線ファーストクラスに乗るという事。

ba007

搭乗記!ブリティッシュエアウェイズ(BA7)機内食を写真付紹介!

【搭乗記】JAL国内線ファーストクラス(新千歳‐羽田)

JAL「空席待ち」を確実に取る方法。3つの手順で徹底解説します!

JALお帰り確約サービス!ステイタス先行予約サービス利用は注意!