10万円以内でも還付申告(医療費控除)する方法

20130219-074019.jpg

先日、確定申告を税務署に郵送で出しました。
医療費控除の還付申告です。

早速、税務署より受け付けた旨の控えが自宅に返送され、一安心です。

医療費控除って一般的には年間の医療費が10万円を越えないと申告できないと思われていますが、実は一概にそうではありません。

夫婦であれば申告する人を変えるだけでグッとそのハードルが下がります。

 

 

●年収の5%以上なら申告可能

基本的には世帯の医療費が年収10万円を超えると還付申告ができます。

ただ年収が200万以内の方であれば、医療費が年収の5%以上かかっているのであれば、還付申告が受けられます。

年収150万であれば75,000円というラインですね。

ですので、どの年収の人も一律で10万円というラインではありません。

 

●妻が申告する

年間の医療費が10万円以内のという場合は年収の低い方が還付申告をしましょう。

夫は年収200以上、共働きの妻は年収200以内という夫婦であれば妻が還付申告をするべきです。(妻も所得税を払っていることは前提です。)

どちらの収入で医療費を払ったのかなんて誰にもわかりません。

なので、妻の収入の方から家族全部の医療費を払った事にすれば良いのです。

という事で夫婦共働きの場合、年間の医療費が、

【10万円を超えた場合】
年収の高い方が還付申告。(税率が高い人の方が取り戻せる額が大きい。)

【10万円以内の場合】
年収の低い方の5%超えるようであればその方が還付申告。

確定申告にはまだまだ知らない事が多いです。

色々調べて取り戻せる税金はとりもどしましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

殻付き牡蠣の剥き方!上手に剥く4つの手順!ステーキナイフでも代用

【カナダ・セントジョン】シティーマーケットは観光におすすめ!

間違い!タイヤをパンパンにしてはダメ!

穴場はここだ!多摩川花火大会で狙うは多摩川駅と新丸子駅。

iOS7でも大丈夫!!iPhone・iPadでアプリをシャットダウンする方法。

【エックスサーバー】動作確認URLのエラーはこれで解消