サラリーマンのネタ帳

*

伊丹空港の夜は、蛍池の「ホルモン焼き・みはる」がオススメ!

   

20140416-070846.jpg

伊丹空港近くに泊まるなら、夜の一杯は「ホルモン焼き・みはる」で決まりだ。

みはる

一度訪れると分かるだろう。お母さんが一人で切り盛りする味のあるお店だ。
店自体は広くもないし、綺麗でもない。でも何故か惹きつけられるお店なのだ。

どこか懐かしく、落ち着く。そういった空気が流れている。

席はL字型に10席あるだろうか?
その小ささがまた良く、お母さんを囲んでお客さん同士が仲良くなれるお店。それが「みはる」なのだ。

見つけたのは偶然だった。

いつも大阪に泊まる時は決まって肥後橋のアパホテルだ。

しかし今回は夜遅い便で到着し、翌日早い便で出発するので、伊丹空港前の東横インで宿泊することにした。

初めて伊丹空港周辺で泊まったので、夜のお店の情報は皆無。

しかし、飲みには行きたい。そんな中、フラフラ歩いてたまたま辿り着いたのがこのお店だったのだ。

入った瞬間、間違いないと確信した。

 

スポンサードリンク

 

●カウンターのみ

お母さんが一人で切り盛りしているため。カウンターのみでの営業だ。
L字型のカウンターにはガス台がセットされ、いつでも準備万端なのだ。
20140416-070929.jpg

先ずはビールを注文し、ホルモン、赤センマイ、ミノなどなど4〜5品をオーダー。手際良く処理されたホルモンたちは、小さなボールに入れられ纏めて提供される。

火力の強いガス台なのであっという間に火が通り、すぐに食す事ができる。
20140416-070937.jpg
あまり焼き過ぎないホルモンは甘み十分で、ホルモン特有の弾力もある。特にミノが絶品だった。

 

●お母さん

20140416-070915.jpg
店内はお母さんが旅行された世界各国の写真やパズル、ポスターが貼られている。

聞くところによると、かなり旅行が好きなようでヨーロッパを中心に世界を旅されているよう。

なかなか羨ましい生活だ。

 

●有線?

店内には有線と思われる懐メロが流れている。

その曲に耳を傾けているとお母さんが一言。

「これ、有線ではないからね。。」と。

実際は、お母さんセレクトのカセットテープから流れていた曲だったのだ(笑)いつもナイター中継(もちろん阪神戦)らしいが、無い時はいつもお母さんセレクトという訳だ。

 

 

生ビール一杯。レモンサワー三杯。ホルモン達を平らげお会計は¥3,000-台だ。
店の雰囲気もあってか、この日は結構酔っ払ってしまった。

気兼ねなく、語り合うには最高のお店だし、関西のお母さん特有のガツガツくる感じもないので、一人で行っても落ち着けるお店のだろう。

実際お母さんは鹿児島ご出身だそうだ。

伊丹空港周辺で宿泊する事は多くないが、次回も是非訪れたいお店だ。


より大きな地図で みはる を表示

 - グルメ

336

336

  関連記事