サラリーマンのネタ帳

*

なぜ!?プロ野球キャンプインが2月1日になる理由。

      2014/07/21

プロ野球_グローブ

今日、2月1日はプロ野球が一斉にキャンプインする日だ。

 

開幕まで二ヶ月を切ったこの日、スポーツニュースでは毎年こぞってキャンプ入りするシーンを取り上げる。

空港で監督や選手が花束を受け取るシーンをみる度に、今年も始まるんだなとテンションが上がってしまうのだ。

 

プロ野球選手はこの日(2/1)が元旦だという話も有名だ。

これまで自主トレで個々に動いていた選手が、チームとしてのレベルアップを図るキャンプは、開幕への期待感を一層高めるだろう。

 

ただ、ここで一点気になることがある?タイトルの通り、なぜ12球団一斉に2月1日がキャンプインなのだろう。

もっと早くからチームとして動けばそれだけ完成度も高くなるような気がするのだが。

 

一方、早くキャンプインしないにせよ、一斉にじゃなくても良いような気がする。

 

これまで何となく見ていたがちょっと気になるので調べてみた。

 

スポンサードリンク

 

●なぜキャンプインは2月1日なのか

プロ野球_練習シーン

これまでなんとなく不思議にならなかった。が何故か今年は気になってしまった。

で、調べてみたらアッサリ解決。ほんと最近はネットで調べれば一発だ。

 

結論から言うと「プロ野球協約」で決まっていた。

 

プロ協約では、球団と選手間が交わす契約書の雛形が決まっており、その中での契約期間が2/1〜11/30となっているのだ。

これは全球団統一なのだ。

 

なので1月中に自主トレをすることはあっても、球団としてのトレーニング(キャンプ)はできないのだ。

 

 

●WBC(ワールドベースボールクラシック)

プロ野球_星条旗

今年はWBCもあって有力選手の調整が難しいだろう。

代表として死力を尽くした後のシーズン開幕。

 

故障だけには注意し、今年も最高パフォーマンスを観たい。

もちろんWBCの結果も期待してしまうのだが。

 

 

●今年のシーズン

プロ野球_神宮球場

今年は大型トレードや退団、移籍で戦力の動きが激しかった。

また、若返りを図ったチームと年齢的に!?な問題を残したチームもある。

 

それは各球団の方針なので仕方ないが、昨年までの流れがガラッと替わると考えいる。

 アッと驚く結果を期待してしまうのだ。

 

プロ野球ファンは少なくとも年に三度はテンションがMAXになるだろう。

一度目は今回のキャンプ入り。二度目はシーズン開幕、三度目はドラフト時なのだ。この三度だけは強い弱いに関わらず、どのチームのファンでも共通の話題になるのだ。

 

スポーツニュースを見ながら、キャンプの内容が良くても・・・と思いつつ一喜一憂してしまう。

それがプロ野球ファンなのだ。

 

 - 暮らし記

336

336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【竹原市・的場海水浴場】駐車場・トイレは?気になる情報まとめ。

家族連れで海のレジャースポットを探しているなら、広島県竹原市にある「的場海水浴場 …

驚き!!川崎大師は「無料駐車場」がたっぷりあるのだ。

1月の週末「妻の厄除け」のために川崎大師へ行ってきました!   混雑を …

2015年「多摩川花火大会」の場所取りは?穴場は?

(新エントリー)2015年8月22日午前11時時点の場所取り状況を「最新エントリ …

ソフトバンクWi-Fiスポット設定!毎回ID/PWを入力しない!

めんどくさい!!ほんとこの一言に尽きます。 iPad miniを使っているのです …

【新宿/駐車場】安いおすすめの駐車場は「JR南新宿ビル」

新宿で駐車場選びに迷ったら、ここをオススメしますよ!!そう、JR南新宿ビル(タイ …

体験記!液晶テレビを無料処分するなら「パソコンダスト」に決定!

先日、インターネットでAQUOSの4Kテレビを購入しました。新しいテレビは大きく …

mufg-card
キャッシュカード再発行(破損)は電話が便利!三菱東京UFJ銀行編

三菱東京UFJのキャッシュカード(破損の場合)再発行には「電話」で手続きが断然お …

no image
簡単!Google「検索流入」激減。でもやることは「1つ」だけ。

Google Food / brionv ブログのアクセス数が回復しな …

驚愕!ダブルダッチを日体大「乱縄」さんに教えてもらった。

あなたは「ダブルダッチ」というスポーツをご存知だろうか? 簡単に言えば2本のロー …

【乗車記】特急「こうのとり」のグリーン車はくつろぎすぎてヤバイ!

先日、宝塚から兵庫県豊岡市に移動するため、特急「こうのとり」を利用しました。移動 …