中国東方航空に搭乗してみました!機内食やエコノミークラス注意点

中国東方航空

先日、中国東方航空(MU2369便)を利用しました。

利用路線は上海(上海浦東国際空港)から貴陽(貴陽国際空港)までの中国国内路線です。

 

上海を拠点にした中国国内ではメジャーな航空会社のようですが、日本ではそこまで馴染みがありません。なので、事前に色々調べてもなかなか欲しい情報が出てきませんでした。

 

今回、実際に搭乗してみての感想を「機内食」「座席の広さ」などご紹介したいと思います!

また、搭乗中の注意点なども一緒にお伝えします。

 

結論を先に申し上げておくと、、

思ったより快適だった!!

ということです。。意外でしょ!?

 

早速どうぞ!

 

機内食(エコノミークラス)

中国の航空会社の多くは国内路線であっても簡単な機内食は提供されるようです。

日本だとどんなに長距離路線であっても一部ファーストクラスを除いて、機内食が提供されることはありません。

 

さすが、中国。国内線といっても距離がながいですからね。。普通に4~5時間のフライトだってあります。

今回、上海から貴陽も3時間ほどのフライト。東京から沖縄くらいはありそうですね。

 

離陸後、1時間程で提供された機内食がこちら。

中国東方航空-機内食

アルミの器と箱がそれぞれ1つずつ。

アルミの器は温められていて、明らかにズッシリと重いです。逆に箱のほうは軽く、スカスカ感が満載。

それでも上海で食事をしていなかったので、かなり空腹なわたし。

中国東方航空-機内食-1

期待を込めて開けてみるとこんな感じでした。

メニューは、

  • ご飯の餡かけ
  • にんじんサラダ
  • りんごジュース

の3点。

箱のスカスカ感には驚きましたが、まぁ中国の国内路線ですし、こんなもんでしょう。

味のほうはめちゃくちゃウマイ!という訳ではありません。が、意外とご飯はシッカリと粘り気があって思ったよりは口に合いましたよ。

逆にサラダは・・・って感じでしたね。りんごジュースは言わなくても大丈夫でしょう。

 

それでも空腹なわたし。サラダは少し残してしまいましたが、それ以外は残さず頂きました。

エコノミークラス(座席シート)

エコノミークラスシート

搭乗クラスはもちろんエコノミークラス。座席シートはこんな感じです。

写真では窮屈な感じに見えるかもしれませんが、LCCのそれと比較すれば余裕はあります。

前の人がリクライニングを倒すとかなり厳しいですが、そうでなければ標準的な体格であれば問題ないでしょう。

エコノミークラス移動

そして今回驚いたのは、中国の人って座席移動がハンパないということ。

シートベルト着用のサインが消灯すると、空いている席にバンバン移動していきます。しかもCAさんに断りなく。これが普通なんでしょうか?

 

あと、思ったより皆さん手荷物を持ち込まないということ。

これには驚きましたね。どうしても中国の方といえば多くの荷物を機内に持ち込むイメージがあったのですが、全くでした。

頭上のダッシュボードはスカスカでしたね。。

注意点(スマホはNG、タブレット・PCはOK)

機内搭乗中はフライトモードにしていてもスマホの利用はNGでした。

日本の感覚でいたので初めはなぜ注意されているのか分かりませんでしたが、あとから調べると中国国内では航空機の中でのスマホ利用はNGとのこと。

 

一方、タブレットやPC(パソコン)の利用はOKとのことで・・・。

 

一体なにが違うんだ??となかなか理解に苦しみましたね。

まぁでも、そういうルールなので仕方ありません。

 

いかがでした?

中国特有のガヤガヤした感じの移動だということは否めません。が、思ったよりは快適に過ごすことができました。

スマホが利用できないので、音楽プレイヤー替わりに利用している人は注意が必要ですね。

 

また、あったほうがよいグッズとしては「耳栓」「マスク」

これがあれば少しは静かにかつ快適に移動することができますよ。

 

また、トイレはかなり混雑するので早めの利用をおすすめします。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

成田空港アクセスはこれ!私が「成田エクスプレス」を使う理由!!

徹底解説!JAL国内線ファーストクラス新千歳-羽田の機内食紹介!

国際線!長時間のフライトで飛行機に持ち込む物まとめ。

機内食を徹底解説!レベルの高い「国際線・国内線」機内食を公開!!

【搭乗記】全日空(ANA)機でシカゴから成田まで移動してみた。

【機内の過ごし方】年100回搭乗する私の手荷物まとめ。