利用記!JAL搭乗で北京首都国際空港ラウンジ使ってみました!

北京首都国際空港ラウンジ

北京首都国際空港で「ラウンジ」を利用しました。

利用した飛行機は、JAL(日本航空)の「北京首都国際空港」から「羽田空港」便です。

今回利用したラウンジの「食事」「ドリンク」「Wi-Fi」の使い方などご紹介したいと思います。

早速どうぞ!

 

 

ビジネスカウンター

北京首都国際空港JALビジネスカウンター

JAL(ワンワールド)のステイタスを保有しているので、ビジネスカウンターでの搭乗手続きを行いました。

そうすると、搭乗券のほかに「ラウンジ利用券」も一緒にもらえるので受取りましょう。

 

ラウンジチケット

こんな茶色のチケットになります。チケットにはラウンジの場所「搭乗口E19(上)」という手書きの記載が見て取れますね。

 

ラウンジの場所(搭乗口E19)の上

北京首都国際空港ラウンジの場所

ラウンジには階段、もしくはエレベーターを利用して一つ上の階に上ります。

受付

ラウンジ受付

受付で先ほどのチケットを手渡すと即入室可能となります。

 

ラウンジ内

ラウンジは、受付を挟んで2つの「大」「小」のスペースに分かれていました。

行き来は自由にできます。静かに過ごしたいなら小スペース、大人数なら大きいスペースでの利用がいいでしょうね。

ドリンクや食事は大きいほうのスペースが充実していましたし、Wi-Fi利用するためのチケット(無料)発行も大きいスペースに機械が置いてあります。

小スペース

北京首都国際空港ラウンジスペース

こちらは小さい方のスペースですね。

「小」といってもそれなりに大きいですけどね。

 

パン

小さい方のスペースにも食事やドリンクは完備されていましたが、大きいスペースのほうが充実していました。

 

アルコール

ビールなどアルコール類も完備。もちろんソフトドリンクもありますよ。

大スペース

北京首都国際空港ラウンジスペース

こちらは大きいほうのスペースですね。かなりの人数が入れそうです。

 

ラウンジメニュー

食事はこちらの方が充実。コックさんがいて麺類も作ってくれるサービスもありましたよ。

 

カップラーメン

カップ麺も山盛りで置いてあります。種類は2つかな。

 

ドリンク

コーヒーやソフトドリンクも当然あり。

 

ドリンク

ビールや水は缶とペットボトルで自由にいただけます。

 

Wi-Fi利用

北京首都国際空港Wi-Fi

ラウンジ内にはWi-Fiが飛んでいますが、利用するためにはパスワードが必要となります。

利用自体は無料で使うことができますが、パスワードは上記の機械で発行することになります。

手続きはパスポートをスキャンするだけなので簡単ですし、スタッフさんにやってもらっても良いでしょう。

ちなみにこちらの機械は大きいスペースの方にしかありませんでした。(Wi-Fiは小さいスペースでも受信できます。)

 

今回はそこまで時間がなかったので、ビールと水をそれぞれ1本いただいて出発しました。

餃子や小籠包、麺類など北京空港ラウンジならではの食事が楽しめなかったのは残念です。次はもっと時間に余裕をもって利用したいと思います。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

羽田空港エアポートラウンジ北

使えるカードとサービス徹底解説!羽田空港クレジットカードラウンジ

スキポール空港ワンワールドラウンジ!食事とドリンクを徹底解説!!

熊本空港JALサクララウンジ!雰囲気やドリンクをご紹介!!

大分空港カードラウンジ「くにさき」利用記!JALラウンジは無い!

年100回飛行機に乗る私がこれまで利用した空港ラウンジ。

ヒースロー空港‐ラウンジ

ヒースロー空港ターミナル3「ブリティッシュ・ラウンジ」徹底解説!