サラリーマンのネタ帳

*

宿泊記!コスパ最高の阿蘇内牧温泉ホテル角萬に泊まってみました。

      2016/03/05

角萬

阿蘇・内牧温泉の「ホテル角萬」に泊まってみた。

 

外見はいかにも昭和の雰囲気で、お世辞にも新しいとは言えない。では、もの凄く汚いのかと言われれば、そんな事はないし、綺麗に清掃が行き届いている。

所々、どうしても古さが気になるところはあるが、不快な感じではない。この部分については主観が大きいが、私自身はそう感じた。

 

そして何よりコストパフォーマンスが最高なのだ。

 

内牧温泉にあって、¥7,000-で一泊朝食付で利用することができる。

周辺施設を検索して貰えれば分かるが、部屋広さ、朝食、温泉に入れることを加味すると突出しているのだ。

 

 

スポンサードリンク

 

 

部屋

角萬_部屋

1人で利用したにも関わらず、9畳+縁側の広い部屋だった。

足を伸ばしてテレビも見れるし、快適だ。1家族が利用するとしても十分な広さだろう。

今回はビジネス利用だったが、広い机で資料も広げるにも十分。事務処理も捗った。

角萬_部屋_エントランス

エントランスも2畳の畳貼りだ。

 

角萬_中岳

部屋から中岳(阿蘇)を望む。この日は曇っていて残念だ。

 

 

Wi-Fi

角萬_Wi-Fi

今回、唯一の不満は部屋までWi-Fiが届いていなかったことだ。

角萬_ロビー

ただ、1階ロビーはWi-Fiのフリーゾーンのなっている。

部屋では手持ちのポケットWi-Fiを使おうとしたが、繋がらない。調べてみると、実は阿蘇管内はWi-Fiエリア外なのだ。通りで、周辺のホテルや旅館を調べてもWi-Fi提供がないわけだ。

 

 

朝食バイキング

角萬_朝食

朝食はバイキング。

周りはほとんど韓国や中国の方で、朝から騒がしかった。

角萬_朝食会場

それでもバイキングの種類は豊富だし、一通りの物は揃っている。

地元の食材もふんだんに使ってるようだ。

 

 

温泉

角萬_温泉

 

大浴場(もちろん温泉)の他に貸し切り風呂も幾つかある。

くどいが、今回はビジネス利用で1人のため、大浴場で済ませてしまった。

 

それでもサウナもあり大満足。厳しいことを言えば、水風呂が無かったことと、露天風呂の壁にダメージがあったことが残念だ。

 

 

実はすぐ近くのプラザホテルにも何度か宿泊した事がある。

クオリティ的にはそちらの方が確実に上だ。

 

もし家族旅行で来るとしたら、プラザホテルを使うだろう。

それでも冒頭に書いたように、コストパフォーマンスは確実に角萬に軍配が挙がる。

 

特にビジネス利用であれば、このクオリティで十分だし、確実に満足できるだろう。

 

昭和の時代、新婚旅行のメッカとして隆盛を極めた内牧温泉。

是非、一度訪れてみて欲しい。阿蘇の雄大なパワーを感じることができるだろう。

 

 - ホテル・旅館

336

336

  関連記事