現役面接官が教える!就活で「内定を取る」ための面接対策。

面接会場

 

今年から、入社試験の面接官をやるようになりました。まぁまだ、補佐的な感じメインの面接官とまではいきませんが。

ただ面接という独特の空気は体感しています。もちろん選考の過程も見ています

自分も新卒の時はあーだったんだなと、いつも応援しながら面接しています。

 

今、うちの会社は新卒、キャリア(転職)ともに面接をしています。

そんな中、面接官をして気付いたことを纏めてみました。

 

 

 

●履歴書はそこまで重要ではない?

 

こう書くと適当でいいのか!と言われそうですが、そうではありません。

当然、全てに目を通しています。

 

しかし、隅々くまなく見ているか?と聞かれれば実はそうでもありません

面接日となれば分刻みで多くの面接をしなければなりません。

 

面接する方も面接だけが仕事ではなく、当然、他の仕事も抱えています。

そんな中、全ての履歴書に目を通すというのは難しい面があり、面接官によっては直前にババっと見る人もいるくらいです。

 

ただ、そこでも単純に目を通している訳ではありません

ポイントとなりそうな事。

特に面接でここを聞いてみたいな!という部分を中心に見ています。

 

具体的には、趣味だったり、部活動だったり、その他学生時代に体験した面白そうな事だったり。

 

あまり勉強ができるのか云々は、今の時代関係なくなってるような気がします。

 

 

●薄っぺらい経験は簡単に見透かされる

 

履歴書もそうですけど、面接の中でも、さも大きな事を苦労して経験しました!とアピールする人がいます。

実際そうであれば良いのですか、往々にして社会人の我々から見れば大したこと無かったりします。

 

例えば、「サークルのイベントを新規で企画しました。なので私には企画力があります!」

とアピールされたので突っ込んで聞いてみると、なんてことはない、ただの飲み会を企画しただけ

 

こちらからしてみれば、出席者カウントして安い居酒屋予約しただけでしょ!?と内心突っ込んでしまいます。

本当にアピールできることなら良いですけど、そうでなければマイナスポイントです。

 

 

●新卒組と転職組の違い

 

一言で言えば、落ち着き

これが一番違います。やはり多少なりでも社会人を経験してる分、落ち着いています。

 

場数が違うんでしょうね。

だからと言って新卒者が劣っている訳ではありません。

 

できる限り丁寧に、自分の言葉で、そして無理に自分大きく見せない。今の自分を見て貰うようにします。

嘘の自分で運良く入社できても、その後の長い社会人生活で苦労します。

 

面接は会話のキャッチボールです。

ありのまま、思ったこと、自分の言葉で語って下さい。

 

面接官をやってる印象としては、「どれだけ会話のキャッチボールができたか?」が、一番の評価ポイントだと思います。

 

その日、全ての面接が終わった後、面接者の評価をしていきますが、やはりコミュニケーションが取れなかった面接者は印象に残っておらず、採用のテーブルに上がりません。

 

その時には学歴、履歴書の内容なんて関係ありません。見てすらいません。

どれだけ会話のキャッチボールができたか?

 

それだけです。

 

 

その中でも、本当の自分を自分の言葉で語ってくれた人が残っています。

 

皆さんに期待しています!!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

いきなり正社員になるのが怖い!それなら「紹介予定派遣」で様子を見てからでも遅くな...

東京駅

面接は?経験者に聞く!紹介予定派遣で東京の大手金融機関へ正社員!

目を逸らすな!!消費するだけの人生に意味はない。

そこまで効くか!体臭を消す方法

プライベートも仕事も充実させる!朝方人間になればメリット多いです

給料が安い。それは人生を逆転させる為にはチャンスかもしれない。