サラリーマンのネタ帳

*

新千歳空港・えびそば一幻!並んででも食事したい極上ラーメン!

      2016/08/21

一幻_暖簾

あなたは新千歳空港にある「えびそば一幻(いちげん)」を食べたことがあるだろうか。

新千歳空港の北海道ラーメン道場内にあって一際、行列が長いあのお店だ。

 

北海道旅行の締めにラーメンを食す家族連れやグループで店内は大盛況。

いつもは時間の無駄使いばかりと、並ぶことが嫌いな私も噂を聞き付け並んでまで食べてみた。

 

結論から言うと「美味い!!・うますぎる!」

 

簡単な言葉になってしまうが、その一言だ。えびの旨味と風味がガツンと口の中から鼻に抜ける感じなのだ。

その感覚がたまらなく幸せなのだ。

 

スポンサードリンク

 

行列がすごい!

一幻_行列

ラーメン道場の中でも目立って行列が長い。席に着くまでに30分弱を要した。

昼時をちょっと過ぎた13時でこの行列。食べ終わって14時前でも列の長さはそこまで変わらず。

 

メニュー

一幻_メニュー

ラーメンとライス、シンプルなメニュー構成だ。

個人的には色々あってごちゃごちゃするより好きだ。

 

えびそば(えびしお・そのまま)

一幻_えびしお

もちろんオーダーしたのは「えびそば(780円)」。

ラーメンは塩派のわたし。なので“えびしお”をチョイスしたのは自然の成り行きだ。

そしてえびの風味をそのまま頂きたいのでスープは“そのまま”をお願いした。

 

まずはスープを一口頂く。

この一口だけで本当に幸せになれる。それが一幻のえびそばなのだ。正直、ここまで風味が強烈に伝わるの!?と驚きを隠せなかった。

 

一幻_麺

続いて麺を頂く。

中細のストレート(縮れ麺とは言えない。)麺はツルツルでコシがしっかりあるのだ。

 

そしてスープによく絡み絶妙なハーモニーを生み出す。本当に無心でがっついてしまう。

それがここのえびそばなのだ。

 

魚介系を前面に推し出すラーメンは多い。

でもその中でえびを主体に持ってくるラーメンはそこまでないのではないか。

 

それだけに新鮮で感動的な味だった。

北海道と言えば、お気に入りは「五丈原」「てつや」「一国堂」であったが、今回のえびそばはそれと同等かそれ以上の味だ。

感動再び!東京・新宿でえびそば一幻を頂く。

 - グルメ

336

336

  関連記事