サラリーマンのネタ帳

*

私がホテル法華クラブ大分をオススメする5つの理由!朝食がスゴイ!

      2016/11/07

ホテル法華クラブ大分

ビジネスホテルの利用は、年間50泊をゆうに超える。

下手したら家にいるより、ビジネスホテルや旅館の泊数が多い月だってある。

 

そして当然のように、各地にはお気に入りのビジネスホテルがある。

札幌の「ドーミーイン札幌PREMIUM」、大阪の「アパホテル大阪肥後橋」と言った具合だ。

 

私が「ドーミーインPREMIUM札幌」をオススメする3つの理由。

大阪市内のビジネスホテルはここで決まり!

 

そんな中、大分市で必ず泊まるビジネスホテルがある。

「法華クラブ大分」だ。

 

部屋の広さ、スタッフの対応、朝食、大浴場、清潔感。どれを取っても文句の付けようがない。

そして価格も¥5,000-ちょっとで一泊朝食付きで泊まれるのだ。

 

立地も最高で、大分市の繁華街・都町の入り口にある。

 

欠点らしい欠点を見つけるのが難しいパーフェクトなホテルと断言できる。

大分市での宿泊に迷ったら、法華クラブ大分を強くオススメする。

 

私が法華クラブ大分をオススメするのは次の5つの理由からだ。

 

 

スポンサードリンク

 

ツインルーム

法華クラブ大分_部屋

今回は空室の関係で、シングル料金でツインの部屋を使わせて頂く事になった。

今回はと書いたが前回も前々回も同じ対応をして貰ったので、結構高い割合と言える。

 

法華クラブ大分_デスク

明るい室内にはシモンズ製のベットが配され、空気清浄機やズボンプレッサーも各部屋に準備されているのだ。

もちろん、全部屋にWi-Fiが届いており、速度も十分で、PCや携帯端末を使ってのネット利用も快適なのだ。

 

スタッフさんの「ホスピタリティ」レベルが高い!!

法華クラブ大分_フロント

ここのスタッフさんは一流だ。

教育が行き届いているのだろう。チェックインからアウトまで何不自由なく過ごす事が出来る。

 

そしてそれは駐車場のスタッフさんまで共通している。

裏口から入る際にはドアマンの様に出迎えてくれるし、送り出してくれる。

 

疲れた体に嬉しいのだ。

 

 

朝食バイキング

ホテル法華クラブ大分_朝食会場

朝食だけで言うと、ドーミーイン札幌PREMIUMと同等レベルの朝食で、アパホテル大阪肥後橋よりは上なのだ。

※あくまでビジネスホテルというカテゴリでの比較。

 

法華クラブ大分_朝食券

その朝食バイキングは、清潔感ある最上階10Fのレストラン・ロータスで頂ける。

 

法華クラブ大分_朝食品目

中央に配置された地元食材料理や郷土料理の数々。

 

法華クラブ大分_ドリンク

なんと言っても、一番の売りは地場産の食材を豊富に使ってることだろう。

そして郷土料理を朝から頂け、各料理に示された産地のPOPが目を引くのだ。

 

法華クラブ大分_地産地消

地産地消を全力で掲げるレストランなのだ。

 

そしてもう一つオススメがホテル特製のカレー。

奥深い味わいの朝カレーが最高だ。

 

法華クラブ大分_カレー

お気に入りは納豆カレーにして食べる事だ。納豆とカレー?と思われたかもしれないが、これが意外に合う。

まろやかな味わいにまた変化するのだ。

 

騙されたと思って是非試して欲しい。

 

大浴場

法華クラブ大分_大浴場

朝食会場と同じ屋上階には男女別に大浴場が完備されている。

混雑した経験もなく、広過ぎず狭過ぎずのスペースは快適なのだ。

 

疲れた身体を全力で癒すのだ。

 

 

大分の繁華街(都町)が目の前!!

法華クラブ大分_都町

大分市一の繁華街・都町の入り口に立つ法華クラブ大分。

すぐ裏手が都町の繁華街。他の地方都市都市とはちょっと違って、地場産推しの居酒屋が目に付く町なのだ。

 

冒頭にも書いたが、本当に文句の付けようがないホテルが法華クラブ大分なのだ。

大分市のに泊まるとなると迷う余地がない。それぐらいズバ抜けている。

 

もちろん、そう言うからには近隣のホテルにも泊まった事はある。ダイワロイネットやコモドホテルをはじめ、幾つか泊まった事があってのコメントなのだ。

いつも同じというのは私自身の性格にも合わないのだが、それを超越するクオリティの高さなのだ。

 

ぜひ一度、法華クラブ大分へ。必ずあなたを満足させるだろう。

 - ホテル・旅館

336

336

  関連記事