サラリーマンのネタ帳

*

人生ナンバーワン!桃の常識が覆った「部谷桃園」の桃。

   

IMG_5750 (600x450)

こんな桃が世の中になるなんて本当に驚きました。ここまで絶品でおいしい“桃”を食べたのは初めてです。

その桃とは広島県三原市にある「部谷桃園」さんで収穫されたものです。

※「部谷桃園」=「ひやももえん」と読みます。

 

IMG_5756 (600x450)

知り合いから先日送っていただいたのですが、これまでの桃の常識を覆すほどのうまさなんです。

とにかく、早速ご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

●妻から一通のメール

「ほんとうにうまし。」

仕事中に届いた妻からメールです。桃が届いたことは知っていました。ただ、早速食べてみるとその美味しさにビックリしてっメールしてしまったようで。子ども達もバクバク食べて、最後には皿まで舐める始末。

さらにはに子供たちからも「桃あまかったよ~、早く帰ってきて。」の電話まで。そこまでおいしい桃とはどんなもんなんだ!?と期待いっぱいに帰宅。

 

●人生ナンバーワンの“桃”

IMG_5749 (600x450)

これが部谷桃園さんの桃。まるまると張った桃は存在感があります。そしてほのかに甘い香りを放ち、部屋いっぱいに充満します。家に入った瞬間からその甘さは鼻をつくほどでやばいです。

 

IMG_5751 (600x450)

どうです。このみずみすしいプリップリッの桃。黄金の放つ光と香り。素晴らしいバランスです。口に入れる前からヨダレが出てきます。

 

IMG_5752 (600x450)

早速ひとくち。

もうやばいです。口に入れた瞬間、いっぱいにひろがる幸せ感。甘さが脳天に突き抜けてしまいますよ。

やさしい甘みなんだけど、それが強烈。これはこれまでの人生ではありえなかった桃ですね。いままでのはなんだったの?それほど強烈なインパクトがあります。いやー参りました。

 

●部谷桃園(広島県三原市)

部谷桃園さんは広島県は三原市にあります。

 

広島って桃の産地としては特に有名ではないですよね。でも有名だからうまいとも限りません。こだわりはどこであってもだせるものです。

気になってホームページを拝見したのですが、そこまで大きい桃園ではなさそうですね。それれも丹精込めて育てていることが十分伝わってきます。逆に小さいからこそ、手がかけられる。そんな雰囲気さえ伝わってきます。

部谷桃園ホームページ

 

時期によって品種は異なるようですが、これだけおいしい桃がいただけるのは7月中旬~9月初旬まで。それ以外の時期は最高の桃を栽培するための準備期間です。一年に2ヶ月ない限られた期間ですが、ぜひみなさんも部谷桃園さん最高の桃を食べてみて下さい。

断言できます。これまでの桃の何倍も上をいきますから。

 - グルメ

336

336

  関連記事