サラリーマンのネタ帳

*

即決!!父の日のプレゼント選びに迷ったらこの2つで決まりだ!!

      2016/11/08

父の日

今年(2014年)の父の日は6月15日(日)だ。

母の日と比べるとマイナー感が拭えない父の日ではあるが、それでも毎年電話とプレゼントは欠かしていない。

 

子供ができてからは専ら孫の声を聞きたいらしく、電話は子供にさせているが。

そんな父の日。困るのは何をプレゼントしたら良いか。その一点ではないだろうか?

 

母の日ならカーネーションと相場が決まっているが、父の日にはそれが無いので毎年苦労している。そういう人も多いはず。

特に私のように離れて住んでいる場合、一緒に買いに行くわけにも行かないし、食事をともにする事もできない。

 

しかし安心して欲しい。親は何を貰ったって嬉しいのだ。それが例え物でなくとも感謝の気持ちだけでも良い。そんなものなのだ。

 

しかし、何かプレゼントしたい。そういうあなたには次の2点をオススメする。

2点の内、1点は私が毎年プレゼントしているものだ。

 

参考になれば幸いだ。

 

スポンサードリンク

 

ポロシャツ

ポロシャツ

これから暑くなるにつれ。Tシャツやポロシャツを着る機会は増えるだろう。

そこでポロシャツをプレゼントすることをお勧めする。Tシャツは安っぽいがポロシャツなら生地もそれなりで値段もいい感じだ。

 

そして選ぶポイントはこの2つだ。

  1. 自分(お父さん)では選ばないような若いデザイン
  2. 小柄ならM、標準ならL、メタボならLLを選ぶ

まず1点目だが、親の世代になると自分ではカラーのポロシャツなど「若い人」が着るようなデザインは積極的には買わないものだ。

勝手に似合わないと決め付けているのだ。

 

しかしどうだろう。薄いピンクや、襟の裏地がチェックのものなど意外と親父でも似合う。

着てみれば“それなり”なのだ。

 

そして着ることにより本人自身も気持ちが若返るので良いプレゼントだと思う。

うちはほぼ毎年、デザインを買えポロシャツを贈っている。

 

そして一緒に買いにいけない場合、サイズをどうするかだろう。

 

しかしここで考えすぎてはダメだ。標準ならLを基準にして、小柄ならM。

大柄ならLといった具合にザックリ決めてしまうのだ。

 

言ってみればそれしか方法はないし、迷ったところで選択肢は3つくらいしかサイズはないのだ。

 

 

サーモスのタンブラー

ビールと冷奴

こちらは一度キリしか贈れないが、お勧めする。

 

「サーモスのタンブラー」だ。

 

買って損なし!!サーモスのタンブラーが離せない理由。

 

こちらも夏には大活躍するアイテム。

ビールが大好きなお父さんには重宝されるし、焼酎のロックや水割りにも大活躍だ。

 

そして2本セットで送ればお母さんも使えるだろう。


デザインがシンプルすぎて親父世代には「?」となるかもしれないが、その機能性の高さは折り紙つき。

何たってその「保冷・保温機能」が抜群で一生この温度を保ってくれるのではないかと期待してしまうほどだ。

 

こちらも手頃な値段設定で贈りやすいだろう。

 

 

ここでは2つオススメしたが、一番は当たり前だが“気持ち”なのだ。

「高価」or「安価」の問題ではない。いかに日頃の感謝を伝えられるか。

 

それを改めて表すのが父の日なのだ。

 

照れくさいところもあるだろうが、それは受け取る親父の方だって同じだ。

そうは言いながらも本人は嬉しいものだし、翌週の日曜日にはそのポロシャツを着て畑仕事をしているのだ。

 

うちは毎年そうである。

 - 暮らし記

336

336

  関連記事