サラリーマンのネタ帳

*

風邪を1日でも早く治す方法!予防や諸症状(熱・喉・寒気)の対策!

      2017/01/22

体温計

誰もが一度はかかったことのある病気「風邪」

当然ですが「つらい風邪」って早く治したいですよね!?

今回はその方法をお教えします!

 

熱からくる人。喉、寒気からくる人など風邪の症状はそれぞれです。

わたしの場合「喉」からくるのですが、唾を飲むのも痛い症状は本当にヘコみます。

 

そんな中、風邪を引いたらみなさんどうしていますか?

そりゃ、病院に行って薬を飲むでしょ!って方も多いと思いますが実は治す方法として大正解ではありません。

 

処方される薬やドラッグストアなどで市販されている薬には、基本的に風邪を治す成分は入っていません!!

まじかーと思われたかもしれませんが、そうなんです。

 

最近だと熱、喉、寒気など症状に合わせた薬も多く販売されています。

それらのほとんどが、その症状を和らげる成分が入っているのみで、風邪自体を治す成分は入っていないのです。

 

では、どうするか!?

それをこれからお話します。

 

基本的に次にあげる3つのことを試してみて下さい。

わたし自身もこの方法で長年治していますし、結構この方法で風邪が長引かなくなったという方も多いようです。

 

スポンサードリンク

 

体温を上げる

しょうが紅茶

まず、一つ目は体温を上げることです!!

体温がプラス1℃になるだけで免疫力は5~6倍にもなると言われています。

 

逆に体温が下がると免疫力がそれだけダウンするということです。

免疫力と密接な関係のある「白血球」や「腸の動き」が体温が下がると動きが鈍るためだそうです。

実は低体温の人ってガンやウツ病などさまざまな病気にかかりやすいんです。

心臓など熱量の多い臓器にガンができないのはそのため。

 

また、風邪をひいたら熱が上がるというのも体自身が熱を上げて治そうとしている証拠なんですよね。

なので体温を上げる!というのは風邪を治すには必須項目なんですよ。

 

ではどうやって体温をあげるか!?それは次にご紹介しましょう。

温かい格好をする!

当然ですが薄着ではダメです!寒い格好ではますます体温が低下して風邪がなおりづらくなってしまいます。

着込みすぎもまずいですが、適度に体を温める服をきましょう。

特に首筋と足元を温めることに意識し、汗をかいたらこまめに着替え水分を多めに取るようにして下さい。

ホッカイロで温める

特に背中や首筋を温めましょう。

首筋(後ろ)は血の流れが多いのでそこを温めると体全体が温まります。

温かい飲み物+葛根湯を飲む

しょうが紅茶やココアなど温かい飲み物を摂取しましょう。コーヒーは眠りを妨げるのでオススメしません。

また、温かい飲み物ではありませんが「葛根湯」もおすすめです。こちらは漢方で体を温める成分が入っています。

へたな風邪薬を飲むくらいなら葛根湯のほうが効果てきめん!です。

 

 

ビタミンCを多く摂取!!

ビタミンC

次にビタミンCを多く取りましょう!

ビタミンCがなんとなく体に取っていいことはご存知だと思います。

フルーツやレモンなど、体に良いイメージって子どもの頃からありますよね!?

 

それは風邪を引いても同じなんです。体の調子を整える(戻す)にはビタミンCは必須栄養素なんです。

通常、ビタミンCは1日100mg程度で良いとされています。

 

が、風邪を早く治したいなら5,000mg以上は摂取したいところ。

なんなら10,000mg程度摂取しても構いません。

 

多く取りすぎもどうなの!?と心配になってしまいますが、ビタミンCを取りすぎて体に異常をきたすことはほぼありません。

まれに下痢などになってしまう場合もありますが、それは稀です。なので安心して取りましょう。

 

摂取の仕方としては、フルーツなど「食事で取る方法」と錠剤や粉末などの「サプリメント」から摂取する方法の2つがあります。

手軽なのは「サプリメント」ですね。

 

そしてここがポイントなのですが、一度に大量に摂取するのではなく小まめに摂取することを心がけましょう。

ビタミンCはすべてではないですが、2~3時間したらほとんどが尿と一緒に体外へ排出されます。

 

一部は体に留まりますが、常に外へ出て行くものなんですね。

なので摂取も常に細かく行うことがポイントとなるんです。

 

 

睡眠

風邪を早く治す方法。最後に「睡眠」です。

免疫力を高める方法として体温をあげると書きましたが、睡眠も免疫力を高めるのに必要なことです。

体を休めるのに「睡眠」以上の方法はありません。

 

ビタミンCを取って水分を多めに摂取し、体を温めて睡眠を多く取りましょう。

湯たんぽを使うのもすごくオススメですよ。足元だけでなく、布団に一つ入れるだけでもその効果を実感できると思います。

 

体が弱っている時ってどうしても睡眠が不足している時だと思います。

なかなか忙しく、睡眠の時間を確保できない!という方も多いかもしれません。

でも無駄にテレビやネット、スマホなんかをいじってないですか!?

 

本当に風邪を治したいなら睡眠を確保できるよう、必要最低限のことだけやって、あとは睡眠の時間を確保です。

それだけで全く回復力が違ってきますよ。

 

まとめ

いかがでしたか!?

言われてみれば当たり前。どれも簡単なことばかりだったと思います。

でも意外とやってない方法だったりするんですよね。

 

働いてたり時間がなかったりすると「3つの方法」すべてを一度にやるのは難しい場面もあると思います。

ただ、1つでもやれば風邪の治りやすさは全く違ってきますので、できるものからやってみて下さい。

 

特に「体を温める」「ビタミンCを多く摂取する」は試してみて欲しい方法ですね。

これまでの回復力とは劇的に違うことを実感できるはずです。

 

今回は早く風邪を治す方法としましたが、当然、風邪を引く前からやっていれば「予防」にもなる方法です。

常に元気で活動的な毎日を送れるよう今回の記事が役に立ったらうれしいです!!

 - 暮らし記

336

336

  関連記事